On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪人悪人
(2007/04/06)
吉田 修一

商品詳細を見る



浅田彰が賞賛したように、評価が高かったので読んでみた。

今まで、読んだ小説で一番良かった。

というのも、わけの分からん体験をしてしまったからだ。
いままで、小説を読んで泣いたというのは記憶にない。
が、この小説の最後の2行を読んだとき、恥ずかしながら急に涙があふれてきた。全く、泣くつもりがなかったので、いまいち自分の感情が分からず、え?これ何?と思っていたら自然に涙が流れていた。
あとで、何回かその2行を読み返したが、そのたびに涙がとまらなかった。

こんな体験は始めてだ。
そういう経験をしたから、この小説はすごいのだろうと思う。

とりあえず、読んでいるとページをめくる手が止まらない。そして、中盤以降、どうしようもなく悲しい気持ちになる。最後若干救われる面もあるが、最後の最後でどうしようもなく涙が出てきた。

実は、最後の最後まで、小説としては中の上か、上の下だと思ってた。最後で一気に来る。


著者については、芥川賞受賞作の「パークライフ」を読んだことがあったが、クソという印象しかなかった。(本当にだめな作品だった。)今回これを読んで評価は全く変わった。
あと、スタイルとしてはノンフィクションぽさも取り入れていて、宮部みゆきの「理由」も想起した。(「理由」もそれなりにおもしろい。まさに中の上の作品。)

一応公式サイトもあるようなので、紹介
http://publications.asahi.com/akunin/

朝日新聞に連載されていたみたい。連載小説でここまでのクオリティはすごいんじゃないでしょうか。



○最近買ったCD
イン・ヤ・メロウ・トーン2イン・ヤ・メロウ・トーン2
(2008/10/08)
オムニバスソウリューション

商品詳細を見る


良い。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking