On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノーベル賞受賞者の研究成果に対する記事のわけのわからなさと、金融危機を解説する記事のわけの分からなさ具合の本質は一緒。

ノーベル賞受賞者の研究成果解説(対称性の破れ等)にみられる、読者を煙に巻くようななにも本質を理解していない表層的な記事は、世界最高峰の専門家しか理解できないようなことをジャーナリストが説明しようとするから、仕方ないのかもしれない。(それに本質的なことを書かれてもほとんどの人は理解できない。)

一方、今回の金融危機をめぐる一連の報道については、ジャーナリストがもっと理解していて良いはずだし、読者の要求に応えるためには理解しなくてはならないはずなのに、ほとんどが表層的な説明に終始している。
表層的な説明とは、危機のメカニズムの本質を理解しないまま、だれかの解説を受け売りでそのま書くような説明である。
結果、日経新聞以外の各紙の解説はほとんど似たような内容になっている。(ノーベル賞報道についても同様。対称性の破れに関しては持ち出されるのは、テーブル上のナプキンの例と、瓶のなかの球の例で、皆同じ。)
日経も経済新聞なので他よりはましだが、それでも読んでてこの記者はあまり理解しないまま書いてるんだろうなと感じることが多い。(自分が理解しているわけではないが、理解していない人の文章であることを察知する程度のリテラシーは持っているつもり)

個人的には、日本の金融危機との類推で、最終的には資本注入が必要というのはずっと前から思っていたが、ここまでひどくなると言うのは想定していなかった。
日経平均13000円くらいになったときにそろそろ株の仕入れ時かなとも思ったし。公的資金が入っていないにもかかわらず、そう思ってしまったのは、メディアの論説を鵜呑みにしてたから。(年初にはほとんどのエコノミストも今年後半からは景気回復といっていた。逆張りしていたのは、元財務官の榊原と、水野和夫くらいか)自分の直感の方が正しいときもある。特に国際金融についてはマスコミ記者が全く理解していない事がよく分かった。今回はそれが教訓。

今回の危機関連の解説で、いくつか読んでいて面白かったのもあって、ネットの日経ビジネスの記事はいいのが多かった。ネットで無料で見るにはお得な記事が、タイムリーに流されていた。基本的には学者よりも、実際に金融で働いている人たちの方が実際的な説明で本質を突いている。
学者の記事でも良いのはいくつかあって、面白かったのは、池尾和人の日経の経済教室の記事、竹森俊平、小林慶一郎の三氏くらいか。

ところで、最近雑誌業界が大変なようだが、今回の危機でそれがよく分かった。危機の進行スピードが速すぎて、月刊誌などは全くついて行けない。発行された瞬間から既に古い情報であり、あまり読む価値がない。(ただ英誌エコノミストは、タイミング、質ともにさすが)そう言う意味では、日刊紙はまだ大丈夫なんだろうな。
ただ、良い記事をタイムリーに載せていた日経BP日経ビジネス(訂正)のネット版も、本体(雑誌業)がつぶれてしまってはダメなわけで、そう言う意味では雑誌にもがんばってもらわないとな。



また、今回の危機については、経済的な意味にとどまらず、価値観の転換をもたらす気がする。それはいい意味で。単純に言えばアメリカ的な金持ってるやつがすごいという拝金主義から、日本的な誠実が美徳とされる主義。もうすぐで拝金主義に全てからめとられる一歩手前で、後者の価値観の大事さというのが再認識されるんじゃないでしょうか。


あとは、政治・経済的な理念で言えば、小泉イズムの名実ともの退場かな。そう言う意味では、麻生総理大臣の登場というのはタイムリー且つ象徴的なものになるかも。偶然的なものではあるが。
でもここで予想しておくと多分次の選挙は自民党は駄目だろう。
テロ特措法を簡単に通させるという民主党の肩透かし作戦は、結構自民党にとっては辛いとおもう。あと、米国大統領選はオバマが勝つだろうし、そうなると余計に「チェンジ」になるだろうなと。
そういう意味では、米大統領選の前に選挙した方が自民党的には良かったんだろうけど、情勢が許さなかったんだろう。

久しぶりに書評以外のエントリ。

あと、野村はうまくやったけど、三菱東京UFJのモルスタ出資はけっこうやばいんじゃないの?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking