On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭脳勝負―将棋の世界 (ちくま新書 688)頭脳勝負―将棋の世界 (ちくま新書 688)
(2007/11)
渡辺 明

商品詳細を見る



最近、囲碁にはまっているので、囲碁の本、囲碁のニュースばかり追いかけているのだが、久しぶりに将棋の世界ものぞいてみようと思って手にとって見た。

(ちなみに私の囲碁ファン暦はせいぜい数ヶ月で、将棋ファン暦の方が随分長い。)

筆者は渡辺竜王。若くして竜王になったひとで、顔が魔太郎に似ている。
最初生意気なやつという印象しかもっていなかったが、本を読んでみるとそうでもない。いまどきの若者はこんな感じなんだろう。

ところで、ゲームとしては最近囲碁にはまってはいるものの、ほとんど囲碁の人たちを知らない。いっぽう、将棋の世界はそれなりに知っているし、魅力的な人も多い。
これまでも、勝負論として、米長さん(電車で目撃したことあり)をはじめとして、何人かの棋士の本を読んできた。
米長さんも魅力的だが、昔の人でいえば、升田幸三、坂田三吉から、伝説の多い加藤一二三(ここ参照)最近の人で言えば、羽生をはじめとする綺羅星の勝負師が多数いて、外から見ていて飽きない。
そんな私が応援する人は、ずばり、ハッシーこと橋本崇戴七段である。4年ほど前にNHK杯で、ファンキーないでたちで彗星の如く登場し、将棋界を超えて大きな衝撃を与えたのだった。

それはさておき、渡辺竜王の「頭脳勝負」、それなりに面白かった。
いずれ彼にも本格的な勝負論を書いて欲しいところだ。もちろんハッシーにも。

以下メモ。

・長い対局の間ずっと集中しているわけではない。1手の重みが増す終盤になるにつれ集中度があがる。

・将棋は、ミスは多くした方が負けるのではなく、最後にしたほうが負ける。

・関東の若手は最新流行形が多く、関西の若手は力で勝負形が多い。
→谷川浩治やハッシーなどは関西である。

・現在の流行は「玉を固める」と「スピード重視」。昔は玉の守りは金銀3枚だったのが、今は3.5枚。次の1手問題で、昔升田幸三がいい手を指していたのを知り、古書を集め升田の研究をしたところ、全然古臭くなく感動し、違う感覚も吸収でき将棋の幅が広がった。
→なんかいい話。さすが升田幸三。

・将棋のタイトル戦で3連敗のあと4連勝はいまだなし。
→囲碁では数回。最近も本因坊戦であり。

・駒の損得計算だけでなく、駒の働きの効率性も加味して形勢は考えるべき。駒を多く持っていても働いていなければ意味がない。
→なるほど。これは勉強になる。

・桂馬以外は絶対詰まれない形(桂馬を絶対渡してはいけない形)を略して「桂ゼット」という、他に「銀ゼット」など。

・封じ手は、封じる方が有利。難しい局面の前に封じておいて、寝る前に難局面をゆっ来る考えると言うこともできる。その意味で封じるタイミングの駆け引きも重要。わざと、打たずに封じることもある。



→全体を通じて思ったのは、プロ同士の戦いというのは、どちらが言って先に相手の王に到達するかという速さの問題だなということ。そのためには最短距離を見つけなければいけない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking