On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当初、「利家とまつ」タイプのホームドラマかと思って敬遠していたが(「利家ー」は全く見てないので偏見だが)、篤姫が斉彬の養女になり薩摩を出るくらいのころからおもしろさに気づいた。

この大河ドラマはいろんな魅力はあるかと思うが、今週号のAERAの記事にあった、薩長史観への挑戦というものも一つの魅力である。

井上勝生の「幕末・維新」も反薩長史観であるが、この記事でも書いたように、最近の私はこのスタンスに共感する。篤姫もこのあたりのイデオロギー・権力闘争が非常に面白い。家定が井伊ではなく、雄藩による幕政改革の松平春嶽を大老に選んでいたらどうなってたんだろう。(どうせ後に春嶽は実権を握るが)

それにしても、西郷隆盛は歴史上の大人物ということになっているが、未だかつて私はこの人に魅力を感じたことがない。(関連する本とかを読んだことがないかもしれないが。)いずれ、魅力が分かるようになるのだろうか。篤姫の中の西郷に関しては、俳優が好きだけど。小澤征爾の甥らしい。


ブラビことブラックビスケッツの名曲「TIMING」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking