On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本の読み方 スロー・リーディングの実践 (PHP新書)本の読み方 スロー・リーディングの実践 (PHP新書)
(2006/08/17)
平野 啓一郎

商品詳細を見る


小説を速読することがいかに意味が無いかということについては納得。
人間の脳みそのメモリはとても小さく本を読んでても忘れるのは当たりまえらしい。

スローリーディングの実践編のほうははあまり面白いとは思わなかった(どんな読み方を披露してくれるのかと期待していたが、そうだったのか!という驚きは無かった)が、なんとなく小説の読み方がこれから変わるかもしれない。作者の意図を追いつつより注意深く文章を読むように成るだろう。


・本を何冊読んだかを自慢する速読家の知識は単なる脂肪。知識が自分の身となり肉となっていない。速読は明日のための読書(明日の会議のためにざっと資料を読むとか)であり、スローリーディングは5年後、10年後のための読書。物知りであることより、人間的に厚みがあるほうが、なんでも検索できる時代には大切。

・いくつかの速読本を著者は読んだがほとんどがあやしいもの。無意識のレベルで脳にインプットするというのは、人々の無知につけこんだ怪しげな理論。
→勝間和子がフォトリーディングというのを盛んに言っていて、書店にも最近平積みされていますが、やっぱり怪しいんでしょうか。
→怪しいといえば、以前、速読のセミナーに行っていた知り合いが、「セミナーの先生がすごくて、本の表紙に手を置いて目を閉じているだけで中身読めてるんだよ!」と力説していたこと。そんなの有り得ないと反論したが、聞いてもらえなかった。その知り合いは一応東大出身だったんですけどね。人間って簡単に騙されるんだなと思った。

・速読は全部を読むわけではないので、推論の上に成り立つ読書であり、信頼性が低い。

・ビジネスでも速い仕事はいい加減になる。長期的な信頼のためにもゆっくり取り組むことが大切。

・すらすらと読むのが当たり前といわれると、ページを戻るのは屈辱だが、そもそも人間の頭の構造から速読はできないということが分かれば、気楽に読める。

あと、平野啓一郎のブログを発見した。トラバ送ってみた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
この本、読んでみようかな。俺、スローリーディングっていうか単なる遅読。読み終わったら内容忘れて、気になって読み返して、結局3回くらい読んだりしてる。これ読んだら勇気が出そうだ。
2008/06/29(日) 21:34:59 | URL | hamada #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking