On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不可能性の時代 (岩波新書 新赤版 (1122))不可能性の時代 (岩波新書 新赤版 (1122))
(2008/04)
大沢 真幸

商品詳細を見る


読み終わり。牽強付会に議論が繰り広げられていて、説得力はあまり無し。
ところどころで、そのこじつけぶりに失笑したり、驚いたり出来るので、エンターテイメントとしてはありなのかも。
この作者ももう50歳か。早いな。

おまけ。
spangle call lilli line E
かなりいいバンドだで大好きなのだが、あまり知られていない。なんでだろう。
ロッキンオンでとりあげられないバンドは売れないのか。
アルバム「nanae」なんかは大傑作だと思う。でもこのアルバム無くしてもうた。痛い。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
spangle~はじめて聴きました。たしかにかっこいい。まあyoutubeの元ネタがスペシャなんでぼちぼちきそうな予感。最近ロッキンオンすら読んでなくて完全に時代から取り残されはじめております。
2008/05/29(木) 00:39:29 | URL | hamadayama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking