On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
(2007/11/06)
梅田 望夫

商品詳細を見る



前作の、「ウェブ進化論」の方が好きだったけど、これも面白かった。

・ロールモデル思考法:ある対象に惹かれたという直感にこだわり、その対象をロールも出るとして外部に設定する。そして何故その対象に自分が惹かれたかを考える。そして自分の志向性を発見する。
→ニュースレターを発行し、カンファレンスを開き、ビジョナリーと議論しつつ思考を深めるある人のライフスタイルに、筆者はロールモデルを見つけたらしい。俺もそういうのいいなとおもう。

・ロールモデル思考法は行動を変えねば意味がない。行動を変えるには、①時間の使い方の優先順位を変える。②そのためには止めることを先に決める。正月の抱負が大抵は実現できないのは、止めることを決めずに忙しい日常の中に更にやることを足すから。③長期のなりたい自分と短期になれる自分を意識して現実的になる。
→確かに、自分を作るものっていうのはルーティン化している時間の使い方だからな。変わりたいときはそれを変えると。納得。

・トヨタの製造システムに精通したものは日本の工場で経営者として引っ張りだこ。→属する組織が『見晴らしのいい場所」である場合、そこでの研鑽は意味がある。


おまけ:
スーパーカー fairway
演奏は想像以上にいいんだけど、ボーカルがな。。この世代のバンドは、グランジ・オルタナの洗礼を受けてるので演奏力を軽視しすぎでライブはなかなか難あり。でも、才能にあふれていること、曲が素晴らしいことには変わりない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking