On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇「情報のさばき方

佐藤優の「国家の謀略」で推奨されていたので読んでみた。
筆者は朝日新聞の記者。
ジャーナリストのみならず、広義の情報処理を生業とする多くの人にとってそれなりに有意義なことが書いてあると思う。

情報のインデックス化
情報は全てを覚えず、インデックスにして管理。誰がどういうことを言っているか(どういうことに詳しいか)、どの雑誌にどういうことが書いてあったか、などを記憶する。
「「インデックス情報」という手法は、不要な情報は捨て去り、自分にとって必要な情報がどこにあり、誰に聞けばいいのかという情報だけを管理し、記憶する方法です。」(pp24-25)
→同じようなことを私もやっている。キーワード検索が出来るようになったIT時代にはまさにそういう能力が必要だと思う。簡単なキーワードを書いておけば、そこから記憶もたどれる。


メモもインデックス的にキーワード・要点を抑える。
そうしておけばあとで結構思い出すことができる。
→わかる。


蔵書は持たない
読み終えた本は全て廃棄もしくは人にあげる。
人にあげると、また貸してもらえるし、つながりも出来る。
→そうかも。


「情報に近い立場にいる人間ほど、口を閉ざす傾向が強く、話をしてくれる人ほど、情報からは遠く、詳細を知らない傾向がある」(p.42)
→そう思う。だから、近い立場にいる人間が情報を漏らしてくるときは、相手がこちらを利用しようとしているときだと思ったほうがよい。
私が佐藤優の本を眉に唾をつけて読むようにする理由は、彼がソ連・ロシアの人間にとって情報を流すのに都合のよい人物だった(権力者へのアクセスを持っていたから)に違いなく、一定程度利用されていたかもしれないと思うこと。彼が(本人にその自覚は無いにしても)半分ロシアのスパイのようなものだったと強く言い切る根拠はないが、そうではないという根拠も持っていない(→そのため現時点では眉唾で読むしかない)。


「情報力とは、あがってきた情報の信頼性や正確度、意味合いを全体の文脈において判断する力であり、情報を土地勘においてチェックする力です。現場に言ったことがなければ、本当の意味では情報を精査することは出来ません。」 (p.45)


日記はルーズリーフに一日一行でまとめる
→おもしろい。これもインデックス的まとめ方。これなら続けられるし、あとで振り返るにはそれで十分かも。

子豚がブウと鳴くことに驚いた先輩の話
いかに常識、先入観、固定観念にとらわれないかが重要。自分の頭で考えた表現や論理を相手に押し付けてしまうと事実を発見できない。 (p.92)


デジタル革命のいくつかの問題の一つは「優先度の崩壊」(p.236)
→よくわかる。最終的には新聞のグーグルニュース等に対する大きなアドバンテージはニュースの並べ方の編集力で何が重要で、何が重要性において劣るかを簡単に示して読者の効率性を上げることだと思う。(ニュースを機械的に羅列しただけだと、重要性の差異(何が重要で何が重要でないか)が分からない。)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking