On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇書評
新しい神の国 (ちくま新書 684)新しい神の国 (ちくま新書 684)
(2007/10)
古田 博司

商品詳細を見る


「新しい神の国」古田博司 読了。
迫力のある本。毒舌で日本のサヨク、中国、韓国、北朝鮮を切りまくる。
一部一部面白いところがあるのだが、過去の筆者の論壇での文章を適当に編集して作っているぽく、まとまりはあまり無い。
筆者が口をすっぱくして言う、日本は、中国と韓国とは全く違う文明というのは、30代以下の人たちには実感としてよく分かることじゃないだろうか。
でも世の中、大いに日中間は同じ文化でわかりあえるというような考えをしている人々はいっぱいいるので、筆者みたいな人には啓蒙活動を頑張って欲しい。

彼の出世作「東アジア反日トライアングル」の方が面白そうだし、こっちを今度は読んで見よう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
中国が反日教育をしなければならない三つの理由
こんにちは。文化の違いもありますが、圧倒的な違いは経済です。中国の国民一人当たりのGDPは、どの程度かご存知でしょうか?中国は、今後20年間現在の経済成長率が続いたと仮定して、20年後にやっと日本の1/10になるに過ぎません。現在先進国同士の間では、GDPが豊かさの象徴になるのか疑問視される向きもありますが、中国のようにこれだけGDPが低いと、このような話題とは無縁です。先進国の感覚からすると国民の大部分が食うや食わずの状況にあるということです。昔から衣食足りて礼節を知るという言葉がありますが、中国にはこれが良く当てはまります。
私のブログでは、中国が反日教育をしなければいけない三つの理由を掲載してあります。是非ご覧になってください。
2008/02/27(水) 10:55:42 | URL | yutakarlson #.BcbyNME[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking