On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和囲碁風雲緑〈下〉昭和囲碁風雲緑〈下〉
(2003/06/20)
中山 典之

商品詳細を見る


上巻に引き続き。

・昭和三十五年、秀行理事による名人戦創設への奔走。結局読売へ

・坂田の全盛期。川端康成他文壇との付き合い。レベルの低い文士との遊び。 近啓「馬鹿な神様」

・坂田のタイトル戦17連勝。

・昭和49年、読売と朝日の名人戦主催争い。

・趙治勲は年末になると温泉に出かけ、その年の後をならべ直し研究する習慣。昭和61年、深夜ラーメンを食べようと出かけようとした趙のそばでオートバイが転倒。助けようとした時に、後方から走ってきた車にはねられ全治3カ月の重症。棋聖戦を3日後にひかえ、脳に影響が生じないように、下半身だけの麻酔で痛みに耐えた大手術。岸の体は精密機械。その後しばらく趙は不振に。

・十段位をとって盤上で涙した小林光一。筆者はその場の空気にいたたまれなくなって場を離れたら、エレベーターの後ろに趙の姿。趙は筆者に気付かず無言で通り過ぎたが、その表情には満面の笑み。見たことのもないうれしい顔をしていた。あまり仲良しそうではない小林と趙だが男の友情はそのようなもの。

・道策や丈和、秀策などには今の棋士でも最新の定石を知っているだけ少しは歯がたつが、10番も戦えば向こうもそれを覚え歯が立たなくなる。小林光一ですらヨセで道策に10目必要。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking