On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校生のための科学キーワード100 (ちくま新書 808)高校生のための科学キーワード100 (ちくま新書 808)
(2009/10)
久我 羅内

商品詳細を見る


いくつか興味深かった。対称性の破れはこれを読んでもよくわからず

・ジャイアントインパクト論。一番有力な月の生成。ある天体が地球にぶつかりその破片で月ができた説。

「理性の限界」を読んだときも感動したが量子論面白すぎ。

・利己的遺伝子。ドーキンスのこの本は名前だけ知ってたけど面白そう。つまりDNAにとって生物は乗り物に過ぎず、一見利他的に見える親が子を助ける行為も、若い乗り物を残して遺伝子を後世に残そうとするとするDNAによる利己的な行為らしい。ホンマかいな

・ミトコンドリアをたどると人類の祖先は20万年前のアフリカの女性にたどりつく。ミトコンドリアイブ。精子は受精のときにミトコンドリアを切り捨てるため、受精卵には女系のミトコンドリアだけが残り、たどることができる。

・万能細胞とは全ての細胞になれる細胞。ヒトは受精卵。植物は全ての細胞が万能。これまではES細胞という受精卵を基に作った細胞のみが万能。iPSは体細胞をつくった万能細胞。

・波長が短いディスクほど記憶容量が高くなる。dVDは赤、ブルーレイは青。青の方が波長が短い。


「ゼロから学ぶ相対性理論」
「ゼロから学ぶ量子力学」竹内薫
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking