On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誕生 国産スパイ衛星  独自情報網と日米同盟誕生 国産スパイ衛星 独自情報網と日米同盟
(2005/05/21)
春原 剛

商品詳細を見る



著者は日経の記者。外交・安全保障分野ガ専門。
テーマは面白いんだけど、文章か構成かに問題あり、読みづらい。

以下メモ。

・98年のテポドン以来政府は自前の情報衛星の導入を検討。

・90年代後半、外務省や自民党の一部がスパイ衛星の導入を模索していたとき民で協力したのはNEC.しかし、防衛庁不正納入事件で叩かれ、三菱電気が受注。

・三菱は軍艦・戦車、東芝は船舶、NECは電子技術。これらが協力して始めて国産化は可能との考えがあった。

・米国はCIAなどの高度の機密情報をサードパーティルールを利用して、外務省、防衛省、警察庁など相手に応じて配布を分けたり、時間差をおいたりし、各省庁のライバル意識を利用。おーるじゃぱんでの対応できず。

・官邸に党人派の野中と鈴木宗男がいたから、米国を気にせず国産化を進めれたとの証言。

・衛星情報の前から、防衛庁は、全国6箇所に「象の檻」を設置するなど信号情報、通信情報の収集・分析体制はもっていたため、外務省、警察庁が主導するスパイ衛星に最初は後ろ向き。

・宇宙の平和利用原則からくる、機能の一般化原則。特定の科学技術が発達浸透し、その利用が一般化していれば、自衛隊による利用も可能。一般化を推進のために、災害対策、沿岸監視など多機能な衛星に。

・一般化をすすめれば、内外無差別を歌った政府調達にしたがい、公開入札をして国産化ができない可能性。FSX紛争の際に人工衛星の内外無差別調達が楔として打ち込まれた。

・危機管理衛星とすることで、宇宙の平和利用、内外無差別のガイドラインすり抜けを達成。

・結局、米国技術を全体費用の1-2割入れる準国産衛星に。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking