On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語の敬語英語の敬語
(2005/04/07)
数佐 尚美

商品詳細を見る



著者も言うように日本人は英語はフランクでいいと勘違いしている傾向があり、英語圏の人に失礼だと思われルことが多い。この本はこうした傾向を少しは是正することに資するいい本かとおもう。

意味は分かるけどなかなか口からは出てこないのは以下のような文章。メモ。
I have to excuse myself. (席を外すとき)
Do you happen toー?(ひょっとしてーですか) (-だったりしますか)
Does it make sense?(おわかりいただけますか)
May I assume that-?(-とかんがえてよろしいでしょうか)
If you are confortable with- (-でよろしければ)
What date would suit you best?(一番ご都合のよろしい日はいつでしょうか)
Is it fair to say that-?(-とみてっよろしいでしょうか)
Where can I find -?(-はどこですか)
Is there any way-?(なんとかーできないでしょうか)
Is there any chance of-(-していただくわけにはいきませんか)
Could you spare me a few minutes?
I'd like to share with you - (-についてお話したいと思います)
i'll be calling you again soon
i'd love to. (是非そうさせていただきます)
I'm not in a position to-(私ではーいたしかねます)
You may have a point there(なるほど一理ありますね)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking