On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和の名将と愚将 (文春新書 618)昭和の名将と愚将 (文春新書 618)
(2008/02/18)
半藤 一利

商品詳細を見る



太平洋戦争・大東亜戦争の勉強第一弾。

この本も含めていくつか読んだが、決定的な弱点は、成績・年次順送りの硬直的な人事システム。信賞必罰も無く、失敗したものが何度も重要な局面に復活。適任の場所への人事のなさ。戦時でも平時と同じ人事システム。
いくつかの本読むことで大分当時の陸海軍のトップの人たちの役割・人柄がわかるようになった。(主に半藤・保坂史観が多いのだが。)


・南雲は水雷畑。参謀長の草鹿は飛行性の大家。それがミッドウェーで大敗北。

・太平洋戦争だ大臣や参謀総長をやった世代は、日露戦争は兵站の手伝い程度、第一次世界大戦も留学。満州事変の頃は省部の幕僚。実戦経験なし。

・陸軍内部の出世は当初は長州閥。その後のものさしが成績市場主義。

・昭和14年に米内海相、山本次官、井上軍務局長が日独伊同名に反対。

・武藤章は軍務局長時代に政治のあらゆる肩書きをもち口を挟んだ。優秀なテクノクラートと見られていた。

・海軍では中央や参謀で作戦に従事した人間は第一線にだして死に場所を与える。大和の伊藤。実態はほとんど特攻。南雲のサイパン島守備長官としての戦死。

・今村均のすぐれた占領地行政。

・シンガポール占領後、辻政信の指示で、抗日義勇軍と関係の無い民間人も含め、顔を見て怪しいやつは射殺。日本軍はその数6千人、華僑は4万人と主張。

・辻はその後ビルマで人肉食を強要。戦後は連合国の追及を恐れ逃避行。講和後に衆議院議員当選。

・盧溝橋で停戦協定ができたのに牟田口が突撃を命じた。出世・功の焦りがあった。

・瀬島龍一は茶坊主。情報握りつぶしレイテ作戦立案。戦後も自分に不利な史実を改ざん・偽証。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking