On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語ベストセラー本の研究 (幻冬舎新書)英語ベストセラー本の研究 (幻冬舎新書)
(2008/05/29)
晴山陽一

商品詳細を見る


戦後日本の英語学習本のベストセラーのいくつかをピックして、簡単にまとめた本。ま

メモ
○1961年「英語に強くなる本」:
・基本動詞をフル活用すべし。
・便利な表現をできるだけ覚える。
・易しい表現を繰り返し練習


○1968年「英語で考える本」松本亨
・大学まで英語をESSなどで猛勉強したが壁にぶち当たり、あらためて中学のリーダーを全て暗記
・その後、多読するようになり100冊の本を読み終えたら、英語で何かをつぶやきたくなってきた。
・英文には二種類しかない。A=BかA→B。さらに発展させ以下の5文型。
 A=B、A→B(他動詞)、SVOO,A→(自動詞)、There構文だけでシンプルに考える。

○基本英文700選 駿台
暗礁用にコストパフォーマンス善し。
→一般に受験生用の英語の本はかなりお得。

○1970「英語の話しかた」国弘正雄
・中学生のリーダーを繰り返し声に出して読む。「只管朗読」

○1974「何で英語やるの」
・英語は音を重視する聴覚言語
→これは日本語との違いで結構大事かも。
・英語は腹式呼吸で発声。
→あんまり知られてないが、これも大事。
・英語は自他を明快に分ける思考を土台。

○2004「超英語法」野口悠紀夫
・単語をばらばらに覚えても話せるようにならない。句と節で。
・一定の長さの英文を暗記、そのために20回音読
・口語に関する限り聞く練習が全て。聞くことができれば自動的に話すことができる。



大体、簡単な英文をひたすら音読して、使えるようになる。リスニングは結構大事。というのが大まかな共通点か。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
相互リンクのご依頼
突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/english/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/english/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
t4pxgsg8
2009/05/01(金) 00:53:16 | URL | sirube #mtsVTvCA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking