On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇疑問
gooブログもそうだったが、なぜ、URLを書いただけでそれがハイパーリンクになってくれないのか。面倒くさい。
誰か教えて。

◇面白そうな本
英エコノミストの記事。記事では批判的に書かれているが。
http://www.economist.com/books/displaystory.cfm?story_id=10640560
The New Asian Hemisphere: The Irresistible Shift of Global Power to the EastThe New Asian Hemisphere: The Irresistible Shift of Global Power to the East
(2008/02)
Kishore Mahbubani

商品詳細を見る


わざわざ英語で読もうとも思わんので、誰かが訳すだろうから、その後適当に読もう。


◇京都大学出身の作家
万城目学といい、森見登美彦といい(古くは、平野啓一郎とか)最近多いですね。京大付近はいったこと無いけど、そういう土壌なんですかね。

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20080216-OYT1T00507.htm



中原中也賞に京大生・最果タヒさん
 第13回中原中也賞(山口市主催)は16日、京都大学生、最果(さいはて)タヒさん(21)(兵庫県西宮市)の詩集「グッドモーニング」(思潮社)に決まった。

 中也のブロンズ像と副賞100万円が贈られる。贈呈式は4月29日。






◇XJAPAN
復活するらしい。
で、産経のこの記事は宗教問題の背景を知らないのか、TOSHIのこれまでの活動を全くポジティブに評価。大丈夫なのか。


全国の福祉施設や老人ホームなどで、癒しをテーマにボランティアのミニコンサート「愛の詩をうたいたい」を開催し続けているミュージシャンのToshiさん。かつて人気バンド、X-JAPANのボーカリストとして活躍し、今年1月に幼なじみのYoshikiさんらと再結成を発表したが、一方で癒しを世界の人に届けたい-と今後もミニコンサート活動を続けることを明らかにした。Toshiさんは「さまざまな体験を通じて得た自分の根っこを大切にしたい」と話している。(藤浦淳)

・ 【関連フォト】平成9年の紅白以来のステージを披露したX JAPAN

 X-JAPANは、独特のメークや髪形のロックバンドとして平成元年にメジャーデビュー。「ビジュアル系」という言葉を定着させ、人気は海外へ広がった。

 しかし、Toshiさんは、事務所の金銭トラブルなどから心労が絶えなくなった。当時の心境を「人気と裏腹に次第に気持ちは沈んでいき、むなしさばかりを感じようになった」と振り返る。

 9年の解散前からロサンゼルスに住んでいたToshiさんは、当時米国でジャンルとして確立していた「癒しの音楽」に傾倒。帰国中に聞いた国内での先駆的存在だったMASAYAさんの曲に感動し、解散後にミニコンサートを始めた。

 最近6年間で訪れた老人ホームや養護学校、刑務所、ホスピスなどは、X-JAPAN時代から親戚(しんせき)の家をよく訪れたという大阪・堺市をはじめ全国8000カ所以上。寄せられるコンサートの依頼に自ら応えてスケジュールを調整、多い日には昼間に6カ所をこなしてきた。涙を流すお年寄り、大喜びで寄ってくる子供たち…。

 「すべてを捨ててでもこれを、と選んだ音楽活動。全国の人たちの温かい声援に守られ、飛行機や夜行列車を乗り継いで、1日も休まず地道に約束を守ってコンサートを続けたことで、自分にしっかりした根っこが生えたと感じる」

 そう振りかえるToshiさんはメジャー復帰しても、「国境を、言葉を越える音楽を、大きなステージでも小さなコンサート会場でも精いっぱい伝え、『癒し系』と呼ばれたい」と話している。

 復活ライブは3月28、30日に東京ドームで行うが、同6日にはToshiさんがホテル阪急インターナショナル(大阪市北区)で、大阪では久々となるディナーショーを開催する。問い合わせはToshiコンサート事務局((電)0287・73・2772)、詳細はオフィシャルサイト(http://www.toshi-official.com/)。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080216-00000944-san-ent
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking