On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロ棋士の思考術 (PHP新書)プロ棋士の思考術 (PHP新書)
(2008/06/14)
依田 紀基

商品詳細を見る



著者は日本プロ囲碁界の第一人者。愛称ヨーダ。小沢民主党党首の囲碁の先生としても知られる。

著者は小学校のとき、勉強ができなくて生きていけないと思っていた。今でも小学校3年レベルの学力しかないとこの本で述べている。
この本を読んで感じたのは学がないことは、逆にここまである道を究めた人にとっては凄みになるということだ。あまりにも単純すぎて笑ってしまうところもあるのだが、何にもそまっていない、変な知識のついていない、大きな白紙という印象を受けた。
朝散歩をして、太陽が出ていないのに周囲が明るくなったことに、太陽のすごさに感動するというところなど、大いなるピュア、まさにイノセントである。学校の勉強なんてこういう人にしてみれば邪魔なだけだろうなと思う。普通の人は真似できないが。

また、著者は名人になっているのに、意志が弱いことを自慢。タイトル戦のまえにファミコンの三国志を何時間もやったり、ギャンブルや女におぼれたり、無頼派でおバカというのが好感を持てる。

・勝負には「虚仮の一念」が大事。

・読みとは形をイメージすること。

・中村天風:言葉とは積極的な(ポジティブな)言葉を使わなければならない。

・碁は技術と思っていたが、技術の上下ではなく、心のもちようで勝敗が決まる。

・かった負けたで評価が決まる以後の世界では、勝負の微妙な綾がその後の運命を変えることもある。鬼のように強かった棋士が何かのきっかけでさっぱり勝てなくなったりする

・成果=能力×やる気×ツキ。ついてるときはエイやっとやり、ついていないときはひたすら頭を下げる。ドラマチックな生き方=夢×ツキ×虚仮の一念。ツキと言うのは出会い。出会いの大元は両親。ツキを得たいなら、親孝行をすべし。
→ツキというのは絶対ある。マージャンをやったことある人にはわかると思う。

・チャンスとツキはキャッチしなければ何事もなかったように過ぎていく。夢や目標を持つことで、チャンスをセンサーがキャッチする。感受性がないと何も気付かない。チャンスに恵まれない人は、チャンスをキャッチできなかった人。

・学校からいじめをなくし、自殺する人を減らすために、そのことを毎朝太陽に祈っている。

・社会で生きるには中学校を卒業するほどの学力すら必要ない
→それは違うと思う。著者のような人が多数になる社会というのは有り得ない。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking