On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年も終わりなので、今年読んで面白かった本を10冊挙げとこうかなと。(08年に出た本とは限らない)

難しいけどランキングもつけてみた。クリックするとブログ内の該当記事にとびます。



1.「エネルギー」 黒木亮
圧倒的な情報量と面白さ。金融危機という時節柄もあるんだろうが、この本を機に黒木亮評価が高まっているっぽく、「アジアの隼」「巨大投資銀行」も最近文庫化された。こういう人が評価されるのは、喜ばしいことである。(アジアーは再文庫化)

2.「悪人」 吉田修一

3.アラン・グリーンスパン 「波乱の時代」 

4.「1997年 世界を変えた金融危機」 竹森俊平
07年の本。08年にでた竹森氏の「資本主義は嫌いですか」は今読書中だが、これもよさそう。

5.「新選組血風録」 司馬遼太郎
古い本ですが初めて読みました。

6.「理性の限界」 高橋昌一郎

7.「外交」 細谷雄一


8.「中国問題の内幕」 清水美和

9.「新選組」 大石学

10. 「幕末・維新」 井上勝生




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking