On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界を制した「日本的技術発想」 (ブルーバックス)世界を制した「日本的技術発想」 (ブルーバックス)
(2008/11/21)
志村 幸雄

商品詳細を見る



日本の技術力、技術をベースにした産業力について、若干強引ながらも上手く概念化し、その強みを明らかにしようとした本。勉強になった。
普通の人が上手く言葉にできないものを概念化する能力が、著者は非常に高い。おもしろい。

・携帯電話の起源。1946年アメリカにおける自動車電話。その7年後に船舶用に日本で移動電話。79年には日本でも自動車電話、85年にはショルダーフォン。87年には1キロ程度の携帯電話。00年に携帯電話時代到来。

・世界の携帯電話市場における国内メーカーのシェアの低さ。一因はガラパゴス化。機能面で余りに独自の進化を遂げ、海外との整合性が乏しくなった。ただし、電子部品の供給力は強い。日の丸電子部品なくしてケータイなし。携帯電話に限れば日本製電子製品のシェアは60%。

・部品の機能は材料によって規定。日本は世界に名だたる材料王国。日本のものづくりの強さは材料にアル。

・次世代携帯電話の企画は、NTTどこも開発中のものと米企業が提唱するものあるが、日本にも勝機あり。

・特許制度の普及によって発明家が触発。豊田佐吉も特許条例に関心を寄せ、動力織機を発明。

・基礎研究と製品開発の間の死の谷。日本は欧米よりもこの谷間の橋渡しを効率よく行っている。日本は欧米企業が投げ出した基礎技術の製品化を実用化。例えば液晶技術など。カメラのCCD。ソニーにより製品化。

・日本文明は手の文明。長谷川如是閑

・日本の製造業の強さは、熟練技能者の経験の積み重ねにより習得できる技術が、大田区や東大阪市などに地域的に集約されていること。

・モジュラー型(組み合わせ)は中国が有利かも。ただし、自動車のように、生産工程を通じて材料・部品の設計段階から複雑な相互調整が必要なすり合わせ型製品は、日本有利。

→上記はよくいわれることだけど、いまいちすり合わせ型の概念がよくわからん。誰がこの概念を使い始めたのかも興味あり。

・韓国人文明評論家、李御寧による「縮み志向」論。詰める、取る、引き寄せる、折りたたむ。団扇を縮めた扇子。

・一ミリの誤差も許さない、表面実装能力の高さ。

・日本は想像性には長けていないが、工夫・考案能力に長けている。生みの親よりは育ての親。

・インタネットはARPANETという軍事目的で米国が構築したものが起源。その後NSF(全米科学財団)によるNESFnetに分割され、95年に民間に移管。

・冷戦期は軍事から民生へのスピンオフ。冷戦後はその逆が主流。

・日本の戦時中の大和などの開発が戦後の製造業に引き継がれた。ソニーの盛田など多くの有名技術者が海軍で軍事技術の開発に携わっていた。

・感性の定量化の試み。繊維の「風合い」の形容詞、例えば「こしがある」などを基本的な力学特性をあらわすことば(たとえば「曲がって硬い」)などに置き換えて物理的に測定。

・使い数手カメラは「もったいない」文化の象徴。リユース率は90%。しかも現像の際にほぼ100%現物を回収。
スポンサーサイト
敬語の英語―日常でもビジネスでも使える敬語の英語―日常でもビジネスでも使える
(2005/11)
デイヴィッド セイン佐藤 淳子

商品詳細を見る



i wish i could(できないといいたいとき)
i'll have to say no.
i'd rather not - (-したくないとき)
is that so ?(really?ではなく)
i can imagine (わかります。あいづち。)
indeed (本当にそうですね。あいづち。i seeではなく。また強調にも)
quite(強調のとveryだけでなく。)
it would seem that(どうやら_のようですね)
it might be better if you could -(-されるといいとおもいます。 )

拉致―左右の垣根を超えた闘いへ拉致―左右の垣根を超えた闘いへ
(2009/05)
蓮池 透

商品詳細を見る



いわずと知れた拉致被害者家族会に所属し一時はメディア露出も多かった蓮池さんの本。
氏の主張は、現在の家族会・救う会の運動は、対北強硬策をとることを目的とする右翼に利用され、結果的に本来の目的である拉致被害者帰還のために効果的な活動を取れていない。ただ、北朝鮮に強い態度をとり続けるだけでなく、対話策もとり、拉致問題を解決すべきという論。きわめて常識的な提言だと思うが、拉致被害者家族という立場でないと、このようなことがいえないのが今の日本の世論の現状か。

以下メモ。

・2回目の訪朝のときに小泉首相は家族会から突き上げをくらい、そこで一気に子の問題への情熱が冷めた。

・めぐみさんの遺骨を帝京大は偽物と判定。科学警察研究所は鑑定不能という結果。ネイチャーという雑誌から帝京大の鑑定結果への疑問も出された。鑑定した本人を記者がインタビューできないとか、その本人を警察が大学から引き抜いて職員として外部と接触させないままにしている。

・現状の経済制裁路線は家族会や救う会がいってきた。政府は両会の言うことだけを聞いてればよいということで安易に考えてきた。

・田中均氏はペテン師のようにいわれるが、彼が首脳会談をお膳立てし、金正日に拉致を認めさせた。k彼のような辞退を動かす人が必要。中山恭子氏は拉致問題のおかげで大臣になった人だが北にいって欲しいといっても動いてくれない。

・制裁を強行に続ければ解決するということをマスコミはずっと言ってきた。

・救う会は過激なイデオロギーをもっている人が少なくない。家族会の会議などにも参加し影響力を持つ。

・中山恭子は当初拉致被害者が帰ってきたときに一時帰国だと家族に説明していた。

報道等では、安倍氏や中山氏が永久帰国とするように頑張ったと好意的に報道されている。
たとえば、こんな発言も発見
・中山氏や安倍氏が一時帰国を主張したからそうなったというのは事実に反する。それは彼らがメディアにそう主張して美談になったが、実際は彼らも一時帰国のつもりだった
http://www.jnpc.or.jp/cgi-bin/pb/pdf.php?id=401  より
記者クラブに対する発言なのに新聞各社は余り報じていないのでは。
とりあえず、囲碁を始めて1年くらいということで、いくつかの囲碁本を読んできたが、読んで確実にレベルアップにつながったと思われるお勧め本を挙げておこう。当方KGSで7級くらい(碁会所では3級くらいか。)なので初級者用と考えてよい。(他にもいくつか読んでいるがレベル的に難しいもの読んでもよくわからない。)

このなかでも趙治勲のひと目シリーズが別格に良かった。やさしいものを反復連取することの重要性に気付かされた。(囲碁に限らず。)

初めての人に
東大教養囲碁講座―ゼロからわかりやすく (光文社新書)東大教養囲碁講座―ゼロからわかりやすく (光文社新書)
(2007/07)
石倉 昇梅沢 由香里

商品詳細を見る


石倉昇のこれでOK初級突破法〈基礎編〉 (NHK囲碁シリーズ)石倉昇のこれでOK初級突破法〈基礎編〉 (NHK囲碁シリーズ)
(1995/12)
石倉 昇

商品詳細を見る



中級くらいからは
囲碁 級位者のための勝率アップの決め手囲碁 級位者のための勝率アップの決め手
(2000/02)
石田 芳夫小川 誠子

商品詳細を見る


囲碁 級位者のための本筋の打ち方囲碁 級位者のための本筋の打ち方
(1998/05)
石田 芳夫小川 誠子

商品詳細を見る


定石
石田秀芳のやさしく考える定石 (NHK囲碁シリーズ)石田秀芳のやさしく考える定石 (NHK囲碁シリーズ)
(2009/05)
石田 秀芳

商品詳細を見る



死活
ひと目の詰碁―やさしい問題を反復練習 (MYCOM囲碁文庫)ひと目の詰碁―やさしい問題を反復練習 (MYCOM囲碁文庫)
(2003/06)
趙 治勲

商品詳細を見る



手筋
ひと目の手筋―やさしい問題を反復練習 (MYCOM囲碁文庫)ひと目の手筋―やさしい問題を反復練習 (MYCOM囲碁文庫)
(2003/06)
趙 治勲

商品詳細を見る


中盤
碁の戦術 (マイコミ囲碁文庫シリーズ)碁の戦術 (マイコミ囲碁文庫シリーズ)
(2008/11/26)
牛窪 義高

商品詳細を見る


若干難しいところもあるが蒙を啓かれる。


石の形
石の形 集中講義―楽に身につくプロの感覚 (MYCOM囲碁ブックス)石の形 集中講義―楽に身につくプロの感覚 (MYCOM囲碁ブックス)
(2006/05)
三村 智保

商品詳細を見る
断る力 (文春新書)断る力 (文春新書)
(2009/02/19)
勝間 和代

商品詳細を見る


・三毒追放:ねたむ、怒る、愚痴る

・断って時間に余力を生むことで断らなかった仕事の質を向上

・シゾフレ・メランコテスト
→個人的には昔はシゾフレ度が高かったような気がするが、下のような結果が出た。
勝間は、76%と2%だったようで、これも訓練のたまものだという。

http://www.hidekiwada.com/clinica_test/
どちらかというとしっかりとした自分を持っている人です。
まわりの意見を聞きながら、自分の意見を崩さないで、よりよい自分にしていくためには、有利なスタンスにあると言えます。

 他人の意見に流されず、多少にしっかりしたところがありますが、まだまだ自分へのこだわりも強く、ちょっとしたところでトラブルが起きるかもしれないので要注意。

メランコ 52%
シゾフレ20%

・断る力=自己主張する力

・アサーティブジャパン
http://www.assertive.org/index.shtml

・断る力を身につけないと全体性をもてずボールばかりを追いかける子供サッカーに陥る。いわれたことを盲目的にやるだけになる。その結果、自分だけにしかできないスペシャリティを実につけることができない。

・いい人だけどできない人より、嫉妬されるくらいの人に。

・リスクミニマイズよりリターンマキシマイズ。日本の教育は前者を重視。

・相手を軽蔑している感じ、嫌っている感じ、相手に無関心な感じをだすと嫌われる。

・嫉妬されることを避ける余り、突出することを避けるのはもったいない。

・自分の得意・不得意を明示化する。得意不得意はこれまでの努力=使った時間=時間配分の結果。

・主体的な人は自分が影響力を及ぼせるものに関心を持つ。反応的な人は影響力が及ばない他人の評価や他人の欠点に目が行きストレスを溜め込む。「七つの習慣」

・上司は思いつきで物を言う。

1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る



話題作読みました。かなり面白かった。
100万部売れるだけはあるなとおもった。村上春樹の作品の中ではかなりエンターテイメント色を取り入れた作品で、ひきこまれる。
相変わらずのsupernaturalな世界観も今作は気持ちがいい。

しかし、それにしても性的描写が(作者のどの作品にもあるが)、この作品は特に多く、この作者は変態なのかそれとも欲求不満なのか、考えさせられた。海外ではどう受け止められるのだろう。もしかするとロリコン小説として不快に思う人もいるのかもしれない。

海外で思い出したが、海辺のカフカのNYTの書評はなかなか良かった。
http://www.nytimes.com/2005/02/06/books/review/06COVERMI.html

これ読んで思い出したけど、今回もカフカのときも父親と子供の関係ひとつのファクターとした共通しているな。

あとは、以前もこの人の作品を思ったことだけど、今回も子供というのがリアルには出てこなかった。主人公は二人とも子供がいてもおかしくは無い年頃だが。たぶん本人達が子供引きずっている大人だから。

色んな人が書評を書いているので、いくつか読んでみた。悪くなかったのは、

http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2009/06/1q84-book1-book.html
http://book.asahi.com/review/TKY200906090102.html
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/archive/news/2009/06/20090614ddm015070002000c.html

など

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking