On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)
(2009/03/19)
孫崎 享

商品詳細を見る



著者の名前は孫崎とおるかと思っていたが、ウケルらしい。

反米・陰謀論をそれなりに説得力を持って展開している。元外交官でそれなりの要職に会った人が、ここまで陰謀論を肯定的に唱えることは珍。


以下、メモ。

・05年の「未来のための変革と再編」は大きな転換点。日米同名をグローバルに展開するもの。

・自衛隊も安保の専門家の立場から政策提言を行うべきだが、田母神の例にも見られるようにその実力が伴っていない。

・米国安保関係者の見方。①日本人は安保問題を戦略・軍事の観点から理解できない。②日本の安保政策は米国がシナリオを書く必要あり、③日本人を説得するには安保で述べても分からないので、経済を絡ませて説得するべし。
→③はたしかにその傾向があると思う。国益というと経済の観点しかない人が多い。

・冷戦期に対ソ連用に日本の対潜水能力強化を米国がさせたかったとき、日本人には通じないから、石油・シーレーンの観点から説得し成功。

・孫子「上兵は謀をうつ。その次は交(同名)をうつ。その次は兵をうつ。その下は城を攻める。」日本は最も低い評価の城攻めを最大評価。日本の戦史を見てもそう。日本では山本五十六は高評価だが、海外の戦略家は落第点。安保関係者はスパイ小説などを読んで現在の謀を学ぶ必要。

・日本人は戦略的思考が弱く、謀略・陰謀論的な動きがでるとそれは有り得ないと思考停止。そもそも陰謀論的動きは表に出ないことを目指しており、発覚しない。100%の確証がないため責任ある立場の人は陰謀論にてをつけず、結果日本人が謀略を理解できなくなる。

・米国は国民の発言力がどの国よりも大きいため、国民を誘導する謀略がどの国よりも必要。真珠湾。トンキン湾事件。

・米国はソ連の対日参戦を望み千島列島という餌を与えた。日本に放棄させる千島列島の定義を曖昧にしておけば、日・ソは永遠に争い続けるという英国の意見具申書の存在。ジョージケナンも同趣旨の利点を述べている。

・第二次大戦後CIAが存在意義を問われるたびに「日本を見ろ、これがCIAの成果だ」

・日本のどこに陰謀を真剣に学ぶところがあるか。日本に謀をかける国からすれば、日本人が陰謀論を一笑に付して、知識人がそうした戦略に考慮を払わないことほどありがたいことは無い。

・ソ連崩壊後、軍の規模を維持することを米国は選択。北朝鮮・イラク・イランの脅威など。産軍複合体の利益。チェイニー。

・冷戦後すぐ日本が米国にとっての最大の脅威。政官財のトライアングルが一番の強敵とみなされその解体を米国は目指す。自民党は親米で無いと出世できないし、財界もビジネスとして交渉できる。が唯一国益の観点を持ち出す官僚が強敵。米国は日本の官庁の影響力排除にのりだし、マスコミも官僚批判に同調。官僚批判は社会の正義となった。

・日米構造協議で米国は交渉によりトライアングルの解体を図るが大蔵省などが抵抗。政・財にくらべ、官界は協力の意図無しと判断。その後大蔵バッシングの高まり。

・多くの人は今日の外務省の状況を見て親米一辺倒とみているが、歴史を振り返るとそれは常態ではない。

・米国の世界戦略で、日本とドイツの米軍が戦略的に最も重要。ドイツが20数パーセントの貢献に対し、日本は米軍駐留に75%を負担。

・米国からすれば自衛隊の貢献は大きな利益。米国が日本防衛の義務があるのに日本は反対の義務は無く非対称だから日本はより大きい義務を負うべきとの議論は成立せず。日本が負い目を感じる必要は無い。

・とある会議での外務省の発言「そんなことをしても米国は喜ばない」に愕然。

・小池百合子の証言。細川首相は米国に武村官房長官を外せといわれ、実行。自民党の中には米国に嫌われたら総理になれないという認識がある。

・核という非人道的で強力な殺戮兵器使用を正当化するためには、敵が獣であることを示す必要。

・クラウゼビッツの戦争論。①敵に意志を押し通すためには敵を無力化する必要。②力の行使に制限は無い。極限まで達せざるを得ない。リデルハートはクラウゼビッツは無制限の人命損失を正当化すると批判。

・核兵器を有する国はそれを用いず無条件降伏をすることは無い。一方その生存が直接脅かされていると信じるとき以外は核兵器使用の危険は冒さない。無条件降伏を求めないことを明らかにし、どんな交渉の枠も生存の問題を含まないことが米国の仕事。とキッシンジャーは述べているが、対北朝鮮もそのようなアプローチを取るべき。

・爆撃機を撃墜できるのは最大でも30%。ミサイル撃墜がそれより高い可能性でできると思えない。ミサイル防衛が実質的に無力であることを認識しないとと間違った防衛の優先順位をつけてしまい、第二次大戦のときのフランスのマジノ線と一緒になる。ドイツがマジノを迂回した戦略に脆弱。

推薦図書
・considering a war with Iran
・核兵器と外交政策 キッシンジャー
・クラウゼヴィッツ、リデルハート、孫子の戦略論
・同盟変貌 春原剛
・友か敵か アマコスト
・指導者とは ニクソン
・第二次世界大戦 チャーチル
・キッシンジャー秘録 キッシンジャー
・秘密のファイル 春名幹男
・合衆国崩壊  クランシー
・寒い国から帰ってきたスパイ ル・カレ
・イコン フォーサイス
スポンサーサイト
英語の敬語英語の敬語
(2005/04/07)
数佐 尚美

商品詳細を見る



著者も言うように日本人は英語はフランクでいいと勘違いしている傾向があり、英語圏の人に失礼だと思われルことが多い。この本はこうした傾向を少しは是正することに資するいい本かとおもう。

意味は分かるけどなかなか口からは出てこないのは以下のような文章。メモ。
I have to excuse myself. (席を外すとき)
Do you happen toー?(ひょっとしてーですか) (-だったりしますか)
Does it make sense?(おわかりいただけますか)
May I assume that-?(-とかんがえてよろしいでしょうか)
If you are confortable with- (-でよろしければ)
What date would suit you best?(一番ご都合のよろしい日はいつでしょうか)
Is it fair to say that-?(-とみてっよろしいでしょうか)
Where can I find -?(-はどこですか)
Is there any way-?(なんとかーできないでしょうか)
Is there any chance of-(-していただくわけにはいきませんか)
Could you spare me a few minutes?
I'd like to share with you - (-についてお話したいと思います)
i'll be calling you again soon
i'd love to. (是非そうさせていただきます)
I'm not in a position to-(私ではーいたしかねます)
You may have a point there(なるほど一理ありますね)
二十世紀日本の戦争 (文春新書)二十世紀日本の戦争 (文春新書)
(2000/07)
阿川 弘之中西 輝政

商品詳細を見る



・第一次大戦の大殺戮を経験し、第二次大戦で欧州は程ほどにしか戦っていない。フランスも簡単にドイツに降服。

・ロンドン海軍条約の比率はやむをえないものであったが、大正デモクラシーで民衆の政治発言力が高まっている中、国民を説得しようという姿勢に欠けた。原敬はそのような世論誘導ができたが、幣原は全くの官僚的対応。英米との協調外交を目指してもその基盤を自ら崩した。右翼の台頭を招く。国内の合意取り付けこそが政治の命ということが分かっていなかった。

・テロの恐怖で元老が軍部を抑えられなくなった。

・開戦前にばれても良い前提で米軍機を中国軍に見せかけて中国から日本本土爆撃計画を米政府は立てていた。

・開戦阻止をしても、天皇とその周辺は幽閉されていた。少なくともそのような恐怖を持って木戸幸一は当時仕事をしていた。

・大和出撃の前日は特攻なのでみんな酒を飲み、特に館長はみなに酒をつぎ返杯をもらうので泥酔。戦いでは二日酔いで玉が当たらず。
あの戦争になぜ負けたのか (文春新書)あの戦争になぜ負けたのか (文春新書)
(2006/05)
半藤 一利中西 輝政

商品詳細を見る


文芸春秋の戦争対談シリーズの一つ。シリーズの中では一番面子的にも良い配分で面白かった。
コミンテルンの影響、インテリジェンスの果たした役割など今後の更なる研究が待たれる。(まだ公開されていない史料もいくらでもあるので。)
後は、海軍の果たす役割に興味をもち始めた。


以下メモ。

・40年、国際情勢の表層だけを見ていれば三国同盟病むを無しという判断になる。5月からのドイツの電撃的な欧州での勝利。あまりの勝ちっぷりに世界史がかわる~勝ち馬に乗らなければとエリートが流れた。しかし9月にはバトルオブブリテンで英国空軍に叩きのめされる。

・日本の軍部は当時、中国戦線が長引くのはビルマからの英米の援しょうルートのせいと説明し、反英米感情が強まり。

・中国国民とは日中戦争はソ連が糸を引いていると考えていた。一番得をしたのはソ連。
陸軍内部にもコミンテルンとの関係者が多かったとされる。ゾルゲ事件。終戦期の近衛の上奏文(「特に憂慮すべきは陸軍内部の革新運動。満州事変からシナ事変、大東亜戦争は軍部内の意識手的計画」)。早期の戦争妥結のインセンティブは赤化革命の防止。

・東條の武藤章への不信はゾルゲ事件の関係。

・海軍は戦争は政治の延長と理解できず、日本外交を優位に進めるために海軍があることを認識せず。政治と一線を引いた純粋な人工的抽象的存在。テクノロジー先にありき。英国は貿易保護など実利の裏づけがあった海軍。結果、海軍と社会の断絶が拡大。

・日本のように海陸軍両方を強めようとした国は珍しい。

・補給を無視。44年以降150万から200万が補給線を絶たれたことにより死亡。餓死は全戦死者の70%

・アメリカは海軍のニミッツと陸軍のマッカーサーがもめても最後は大統領が決めれるが、日本は調整機能なし。陸と海を両方知るゼネラリストも存在せず。

・昭和天皇は各国の王朝が倒れる革命を何度も見てきた。この革命体験による内戦の恐怖が大きい。

・イギリスは軍令を王族が統制した。ビューリタン革命のときの悪夢。

・大元帥と天皇の人格を分けていた。陸軍も天皇自身も。

・昭和天皇の記憶のキャパシティの高さ。どの舞台がどこにいるかなど詳細に覚え、軍のごまかしを許さなかった。

・原敬内閣から5.15事件までの15年間は政友会と憲政会が相互に首相を出し、今の日本の政治レベルとは比べもにならないぐらい議会政治が高いレベルで機能していた。原敬が暗殺されなければ違ったものになっていたかもしれない。

・昭和初期の汚職ラッシュ、政治腐敗には男子普通選挙法が背景。二大政党制になったこともお互いが中傷を始めてスキャンダル合戦。結果政治への信頼が下がり昭和維新への期待。
→まさに今の日本の状況。

・議論のルールも無いから統帥権干犯で内閣を攻め、軍部にそんな議論が使えるのかと気付かせてしまう。

・戦争ほど新聞が儲かることはない。号外号外で大きな収入。埋める情報も無いから大本営の発表どおり。

・第一次大戦で英国はプロパガンダの重要性に築き、BBCのネットワーク作りに注力。

・潜水艦を大量に持っているのに、潜水艦参謀をおかず、成績順で低い人が潜水艦に送られたので輸送船攻撃等の有効活用できず。

・特攻という精神力の最大限、愛国心と抵抗を示したことは戦後日本の安全保障になっている。諸外国は特攻を知っているから冷戦期に日本に下手に手を出そうとは思えなかった。

・日本の組織の弱点は属人的な職人システム。素人にも作れる大量生産システムをつくらなかった。代替が聞いて持続可能なシステム。アメリカは能力の落ちる人がやっても機能するようなシステム。
→今の日本の組織にも当てはまる面あり。

・ミッドウェーの前に、シドニー、マダガスカル、カリフォルニアに攻撃を加えている。

・近代市民を無理やり徴兵し集めても侍にはできず、結局、万葉集的な叙情を持ち出し、「うみゆかば」的な古代の防人に回帰させるしかなかった。

・日本兵は一人当たり40キロという重装備。海没での死者は35万人。

・戦争前の日米交渉時、アメリカは「マジック」で日本の外交電報を読んでいたが、日本もアメリカの電報を解読しハル国務長官の出方を呼んでいた。ルーズベルトの陰謀というレベルではなく、戦争は日本の選択。





昭和陸海軍の失敗―彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか (文春新書)昭和陸海軍の失敗―彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか (文春新書)
(2007/12)
半藤 一利秦 郁彦

商品詳細を見る



文芸春秋の昭和の大戦に関する(恒例の)対談をまとめたもの。

・一夕会の主力は戦争を知らない世代。結果として過度の功名心にとらわれていた。

・陸大は戦略やジェネラリストの指揮官としてのあり方を教えず、主に戦術・参謀レベルの教育を行った。東條英機らは国際法を知らず不戦条約なども知らなかった。前例を踏襲することしか教育されなかった。小役人教育。

・将帥の教育と参謀の教育はそもそも違うはず。劉備と諸葛亮。

・教育機関としてできるものは参謀レベルまででその後の教育は自分でするほか無い。

・参謀と指揮官の区別が曖昧で、参謀が指揮官気取りで暴走。

・兵站軽視。

・石原は外の人脈を広げたが、軍内部では孤独だった。

・現場の司令官には優秀な人が多かったが、中央で出世できなかった。栗林、今村、本間。

・戦後韓国の金ジョンピル元首相と今村が文芸春秋で対談したが、金は大感激。朴チョンヒ大統領も今村を尊敬。居眠りをしていても全て聞いていた。軍人とは思えない人格者。読書家。

・瀬島など作戦部は陸大の優等生がいる奥の院。余り余計なことを言わないで力のある人に乗っかる。しかも蛸壺。他の人たちから隔離され、何を言われても自分が正しいから聞く耳を持たない。

・米英と違い日本は失敗した将官を罷免しない。仲間内でも失敗をかばいあう。アメリカは太平洋戦争中26人の指揮官を首もしくは降格。

・イギリスは首相を忠臣に少数が泊り込んで戦争指導体制。日本は、陸軍省、海軍省、参謀本部、軍令本部、宮中、内閣と権力が分散し、挙句には作戦課が過大な権力

・昭和の政治家は普通選挙法の導入もあり大衆にこびるようになり軍を党勢拡大のために利用しようとし、それを軍人も軽蔑。それから軍が政治に介入。

・条約派と艦隊派の対立で、浜口政権を妥当すべく、政友会は統帥権干犯を主張。政治家が党略のために軍事問題を利用。

・艦長は船と運命をともにすべしとの開戦当初の考えのために、駆逐艦長の中佐クラスの人材が不足。

・補給船を叩くよりも戦艦を叩くことばかりを考えていた。潜水艦の使い方を分かっていない。

・6月のミッドウェー海戦の前の5月に平時の通り人事異動。流れを全く分かってない指揮官達が作戦に従事させられる。ミッドウェーはミスさえしなければ日本が勝率9割で勝てた戦い。

・日本は戦艦や魚雷なども職人的な精巧さ。しかし米国は単純なものを大量に作ることに長けていた。

・陸軍は大戦中60万人が餓死。海軍は栄養豊富。海軍は陸軍にも物資を回さなかった。

・陸軍は徴兵制によって広く募集したため、民主主義的な性格。海軍は近代テクノロージーを駆使し、階級性に基づく貴族主義的なカルチャー。






昭和の名将と愚将 (文春新書 618)昭和の名将と愚将 (文春新書 618)
(2008/02/18)
半藤 一利

商品詳細を見る



太平洋戦争・大東亜戦争の勉強第一弾。

この本も含めていくつか読んだが、決定的な弱点は、成績・年次順送りの硬直的な人事システム。信賞必罰も無く、失敗したものが何度も重要な局面に復活。適任の場所への人事のなさ。戦時でも平時と同じ人事システム。
いくつかの本読むことで大分当時の陸海軍のトップの人たちの役割・人柄がわかるようになった。(主に半藤・保坂史観が多いのだが。)


・南雲は水雷畑。参謀長の草鹿は飛行性の大家。それがミッドウェーで大敗北。

・太平洋戦争だ大臣や参謀総長をやった世代は、日露戦争は兵站の手伝い程度、第一次世界大戦も留学。満州事変の頃は省部の幕僚。実戦経験なし。

・陸軍内部の出世は当初は長州閥。その後のものさしが成績市場主義。

・昭和14年に米内海相、山本次官、井上軍務局長が日独伊同名に反対。

・武藤章は軍務局長時代に政治のあらゆる肩書きをもち口を挟んだ。優秀なテクノクラートと見られていた。

・海軍では中央や参謀で作戦に従事した人間は第一線にだして死に場所を与える。大和の伊藤。実態はほとんど特攻。南雲のサイパン島守備長官としての戦死。

・今村均のすぐれた占領地行政。

・シンガポール占領後、辻政信の指示で、抗日義勇軍と関係の無い民間人も含め、顔を見て怪しいやつは射殺。日本軍はその数6千人、華僑は4万人と主張。

・辻はその後ビルマで人肉食を強要。戦後は連合国の追及を恐れ逃避行。講和後に衆議院議員当選。

・盧溝橋で停戦協定ができたのに牟田口が突撃を命じた。出世・功の焦りがあった。

・瀬島龍一は茶坊主。情報握りつぶしレイテ作戦立案。戦後も自分に不利な史実を改ざん・偽証。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking