On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
至高の決断―依田、山下、井山の頭脳 (マイコミ囲碁ブックス)至高の決断―依田、山下、井山の頭脳 (マイコミ囲碁ブックス)
(2007/03)
依田 紀基井山 裕太

商品詳細を見る



同じ局面を示し、3人のプロ棋士が次の一手をどこに打つかという形式の本。
同じような趣旨の本は将棋でもある。(羽生、森内、渡辺だったと記憶)
囲碁は、依田紀基 山下敬吾 井山裕太。日本人トップクラスの3人である。

特に井山は昨年若干19歳で名人戦挑戦、おしくも3勝4敗で張五冠(現時点)にやぶれた。
今年も名人戦リーグ全勝でトップを走っており、挑戦する可能性は高い。
いまは、囲碁ファンしかその名を知らぬが、今年中に世間的に有名になる可能性は大きくあるので囲碁ファンならずとも覚えておいて欲しい若手。
私が応援する棋士の一人。

さて、この本の中身だが非常に面白い。

おもに、布石の段階での次の一手だが、プロ棋士がどのような考えで手を選んでいるかが興味深い。
しかも、唯一解というのはなく、ほとんどの場合で、次の一手が異なるのも面白い。いわゆる棋風の差というものだが、純粋に面白いなあと思う。
山下敬吾は、やはりよく言われるように厚み派で戦いを好む。依田はバランス派か。井山もバランス派だとはおもうが、若々しい。

あとは、国際戦でよくうたれる定石における日本人と韓国・中国人の考え方の違いなども垣間見ることができ、これもまた興味深かった。

ある程度囲碁が打てるようになれば、誰でも楽しめる本だろう。
スポンサーサイト
リーダー・パワーリーダー・パワー
(2008/12/17)
ジョセフ S ナイ

商品詳細を見る


著者はソフトパワーで有名なアメリカの国際政治学者。
駐日大使もとりざたされたが、最近違う人が任命されることが決定。
国際政治や歴史を学んだ人が書くリーダーシップ論というのは珍しいのでよんでみた。精読していないけど、めちゃくちゃいい本ではない。悪い本でもないが。ビジネス界の人が書くものより視点が面白いというのはある。


・イベント利用型リーダーとイベント作成型(変革型)リーダー

・生まれつきの才は、リーダーの成功を大きく左右するものではない。リーダーシップは学習できるものであり、状況により必要とされる能力は異なる。フォロワーも左右。状況に応じ、力の資源やスタイルをどのように組み合わせるか。

・警察にもソフトパワーは必要。地域の人からの協力が大事。
→日本の交番制度。

・ビンラディン「強い馬と弱い馬を見ると人は生まれつき強い馬を好む」

・マキャベリ「君主は愛されるより恐れられるべき。しかし慎重に憎悪を避けるべき」
→ハードパワーとソフトパワー。

・イギリスと日本は伝統的にカリスマを信用しない傾向。

・取引型スタイル(ハードパワー依存)と鼓舞型スタイル(ソフトパワー)

・重要なスキル:(ソフトパワー)EQ=人間関係、感情面の自己コントロール、コミュニケーション=説得力ある言葉、、ビジョン=フォロワーの引き寄せ、(ハードパワー)組織のスキル=報酬と情報システムの運営、マキャベリズムの政治スタイル=交渉能力、他人の威嚇。知ってるふり、高い椅子で見下す、沈黙、
→吉田茂の葉巻もそういうこと。←高坂正堯ガ指摘。

・脅しばかりが使われる職場は効率低下する。

・ブッシュは皮肉にもMBAを持った最初の大統領。

・ある状況では成功しながら、別の状況では失敗するリーダーの存在。コースの状況に応じて適した馬がいる。

・状況把握の知性に含まれる直感的スキル:①文化の状況、②力の資源の分散の程度、③フォロワーのニーズ、④時間の切迫性、⑤情報の流れ。
①異なる国・社会によって組織文化は違う。必要とされるリーダーシップも違う。ガンジーとキング牧師の違い。文化はゆっくりであるが変化する。日本の軍国主義と戦後の経済主義。国のレベルで考えるとリーダーシップの最適条件を決定するのはその国の文化条件と400近い論文を包括的に検証した研究が結論。
②集団内の力の分散
③フォロワーのニーズを把握する能力
④危機の時間的切迫性
⑤効果的な情報システムの監視と設計


抜擢される人の人脈力  早回しで成長する人のセオリー抜擢される人の人脈力 早回しで成長する人のセオリー
(2008/12/12)
岡島悦子

商品詳細を見る



最近アマゾンで評価の高い自己啓発本をよんでいるのだが、どれも何が良いのかようわからん。

といいつつメモ。

・自分にタグをつける(訴求ポイント)
・コンテンツをつくる(実績例)
・中もを広げる
・自分情報を流通させる
・チャンスを積極的に取りに行く

・人脈は仕事を楽しみ自分らしく生きるために必要。

・いつの間にかタグが一人歩きする。

・代替可能な仕事はマニュアル化されるので、自分でしかできない仕事をする。

・自分の特徴や売りを言語化する。

・過不足無く品よく主張する。

・最初は相手の期待値に答え、結果を出し信頼を得ることが大事。

・その都度仕事に全力を出し、仕事の心配昨日を高める。考える能力、書類作成能力など。100%の能力を使うこと。

・少人数の勉強会の大切さ。4-8人。

・異なるタイプの人の頭を借りる。

・インプットよりもアウトプットが大きくなったら人脈レイヤーを上げる


◇ the get up kidsの復活
どうやら再結成したらしい。ライブいきたし。
the get up kids action and action



復活後のライブ holiday
〈学問〉の取扱説明書〈学問〉の取扱説明書
(2009/05/26)
仲正昌樹

商品詳細を見る



ちょろっと立ち読みしかしてないんだけど、最後の索引のところで、田母神と彼だけ苗字だけになってたのがワロタ。他はみんな名前も書いてあるのに。

わざとなのか、単なる間違いか。
個人的には苗字だけで十分だとは思うが。なんか田母神という三文字だけが日本社会で一人歩きしている気もするし。
日米同盟の静かなる危機日米同盟の静かなる危機
(2008/11)
ケント・E・カルダー

商品詳細を見る


日米同盟はもっと意識して強化を図らないとだめだよね。そのときのモデルは日英同盟じゃないよね。という本。

・これまでの日米首脳会談はきわめてスムーズに行われ、日米の担当者はそれを誇っていいが、タイタニック号のデッキの上のテーブルをきれいに並べているようなもの。

・1970年代まで、日系アメリカ人がアジア系のマジョリティだが、最近韓国・中国系が増えており、選挙区によっては政治家が歴史問題を中国・韓国よりに打ち出さざるを得なくなっている。

・ワシントンでも日本専門家が減りつつある。

・アメリカの学問研究の趨勢が地域研究から日本に密着した知識をはぐくむことに重きを得ない抽象的な比較研究に向かっている。

・アメリカが南ベトナムを失った場合への日本への影響を尋ねたら、自民党幹事長だった福田赳夫は国内が左傾化し、米軍基地への風当たりが強まると考えた。要するに地政学的脅威より国内政変をおそれていた。

WTOの誕生は、二国間の交渉を多国間のパネルに持ち込み、合意の調停者だった経済産業省のような省庁の主導権を貿易相手国を細かく監視するような立場に低下させた。

・日英同盟は日米同盟と根本から異なる。インテリジェンス、法整備、エスニシティ、日本の政策過程、官僚の透明性、戦友としての経験の無さ。

日米同盟を強化する一つのポイントは、防衛産業における共同生産。
ラクをしないと成果は出ないラクをしないと成果は出ない
(2008/05/23)
日垣 隆

商品詳細を見る


あんまりためにならんかった。とりあえずメモ。

・気になったものはまず買ってみる。体験しないと分からないものが多い。

・情報収集にのめりこまない。情報とは出会うもの。重要なニュースは色々な場で人が教えてくれる。

・何をするかよりも、何をしないかを明確にする。そうじゃないと仕事が増える。

・コーチはするものではなく、ユウシュウなコーチに短期間つく。人にコーチする状況は極力避けた方が良い。

・アウトプットしないことはインプットしない。効率よく働く。

・必要でないことは極力やらない。

・子供ができたら子育ては溜めの時間。20年後にブレイクする準備をする。

・子供部屋より書斎を優先するのが家族のためになる。
→書斎は欲しいがそんな部屋ない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking