On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒカルの碁勝利学ヒカルの碁勝利学
(2002/05)
石倉 昇

商品詳細を見る



最近の自分の中での囲碁ブームによって手にとって見た。著者はプロ棋士。東大法学部を出て興銀に入行したが、プロ棋士を諦めきれず脱サラ。初心者用の分かりやすい指導、著書などで知られる。

ヒカルの碁はよんだことないが、まあおもしろく、さらっと読める。著者の半生、囲碁のコツなど。おそらくヒカルの碁を読むような子どもを対象にして書かれたものだろうか。
ヒカルの碁、大人買いしたくなった

以下メモ。
・形勢が悪いときは厚く打て。人生で形勢の悪いときにも応用できる。
・実利は目先の利益、厚みは将来への投資・夢
→囲碁の「厚み」と「実利」というのは依田紀基も言っていたように、人生に応用できる。大場より急場などもそうである。これについては小沢一郎が国会でも使っていた。囲碁って深い。

・囲碁棋士には芸術派(宇宙流の武宮など)、学究派(小林光一、依田など)、勝負師派(王立誠など
)に分かれる。
→依田は勝負師派と思っていたが意外。石倉氏によればいつも勉強していて、信号待ちでも詰め碁をやっているらしい。私が好きなのは武宮。あとは20歳でことしの名人戦に挑戦した井山とか他には柳時薫かな。まだ囲碁暦半年で囲碁の世界はよう分からんが、この人たちの囲碁は見てて面白い。

・囲碁は広く、将棋は深い
→私の印象では、将棋はいくつか場合分けしてどんどん深読みしていくイメージ。左脳的。囲碁は選択肢が多すぎるのでより大局観とかイメージの戦いになる。なので右脳的。でも終盤は計算力なども必要。あとは将棋は王をとるかとらないかデジタル的・決戦的、一方で囲碁はどっちの地が多いかアナログ的・交渉的。あとは囲碁は戦略的、将棋は戦術的。

・プロを目指すなら詰め碁をやるべし。ぱっと見て7割くらい分かる本をやるべき。

・アマチュアは、相手の大きな地が気になって、やきもちを焼いて荒らしに行くことが良くある。結果入っていった石をとられたり、周囲に相手の厚みが出来上がって逆に大損をするというケースがしばしば。相手にも与えるというバランス感覚が必要。
→まさにそう。

・経営者や政治家で囲碁をやるひとは、部分にこだわりすぎて全体をいないと経営の方向を見誤るから大局観を養おうと囲碁をやっている。

・一番対局料がおおいのは、読売の棋聖戦。一回戦に出ると対局料は27万(負けてももらえる)タイトルをとると4200万。

・趙治勲がプロになりたての頃(まだ10代前半)、対局で負けると碁盤の上に涙がぽろぽろと落ちた。ハングリー精神。

・囲碁は世界に広がり、囲碁人口は3500万。中国2000万、韓国800万、日本700万。そのほか世界中にファンは散らばっている。
→プロ制度を整えたのは日本。その後韓国中国が追随した。昔は日本が強かったが、今は中韓のプロの方が圧倒的に強い。

・韓国は子ども囲碁教室が千箇所以上あり、そこに通うこどもたちは10万人以上。依田棋士は日本で歩いても気付かれないのに、韓国で歩いていたら人々に振り返られた。
→確かに、囲碁を始めるまで囲碁棋士などほとんど知らなかった。梅沢由香里くらいか。


スポンサーサイト
マサチューセッツ通り2520番地 (講談社BIZ)マサチューセッツ通り2520番地 (講談社BIZ)
(2006/04/21)
阿川 尚之

商品詳細を見る



著者は慶応大教授。ワシントンの日本大使館で公使を勤め、そのときの記録が本書。
彼の授業を取ったことがあったので、手にとって見た。

同氏による「アメリカが嫌いですか」も読んだことがあり、親米派というよりアメリカ大好きな彼のポジションは若干気味悪さを感じるくらいであったが、この本ではそこまでアメリカ礼賛という感じもなく、まあ気持ち悪くならず読めた。
アメリカが嫌いですか (新潮文庫)アメリカが嫌いですか (新潮文庫)
(1996/07)
阿川 尚之

商品詳細を見る


中身は大使館の仕事を知らない人間としては、こんなことしてるのねと色々勉強になった。まあその程度の本かもしれない。
外交敗北――日朝首脳会談の真実外交敗北――日朝首脳会談の真実
(2006/07/04)
重村 智計

商品詳細を見る


著者は元毎日の記者。よくテレビにも出ている。
本書は北朝鮮外交についての本。

はっきりいって北朝鮮情報なんて基本的に推測を基にするか、ソースがあったところで当然ソースもかけないだろうので、読み手としてはここで書かれていることを検証するすべはない。
したがって、正しい読み方としては、本当かもしれないが間違ってるかもないとして読むこと。
なので、アマゾンでこの本を激賞しているような人たちの知性というものはちょっと疑ってしまう。(私はこの本が駄目といっているわけでもない。なかなか興味深い本だとは思う。)

この本のように文章から正しいかどうかを判断できない場合、著者が信頼にたるかどうかを見極めることも大事なのだが、本を読む限りは、そこの部分も私は強く自信はもてない。(繰り返しになるし、ちょっと乱暴な一般化にもなるのだが)アマゾンでこの本をほめる人たちというのは盲目的だなと思う。日本的教育のレベルの低いものをうけてきたのか(私は義務教育の文章の読み方・論文の書き方といった民主主義の根幹になるはずのリテラシー教育を基本的に評価していない。)、批判的な読書というものができてないのでは。もしくは、日本政府にたいして不信感を抱いており、その不信感を補強してくれるような議論であればどんなものであれ飛びつくような人か。
私のこの著者への印象は、①文章が下手、②推測に基づく情報を何故そこまで自信を持てているか分からない、③拠って立つ論拠が怪しいのに他者に対して舌鋒鋭く批判する。
こういう人の書く文章はまず眉に唾をつけて、当たっているかもしれないし間違っているかもしれないとして読むのが適正かなと。繰り返しになるが、著者の情報が間違っているともわたしはいえない。

こういう本をそのまま読んで激賞するような人にはとりあえず「知的複眼思考法」でも読むことをオススメする。

知的複眼思考法―誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社プラスアルファ文庫)知的複眼思考法―誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社プラスアルファ文庫)
(2002/05)
苅谷 剛彦

商品詳細を見る




平成宗教20年史 (幻冬舎新書)平成宗教20年史 (幻冬舎新書)
(2008/11)
島田 裕巳

商品詳細を見る


同じ著者の「日本の10大新興宗教」が面白かったので、こちらも読んでみた。
オウムで批判された人なので、若干自分史のようなものも入っていて面白い。
それにしても、あったね、こんなの、というのが色々入っていて懐かしかった。幸福の科学とか派菜ウェーブとか、最高ですかーの人とか、スピリチュアルとか、あとはオウムなんてあの頃は良く分かってなかったので、もう一度色々と読み直して見たいなあと思った。村上春樹の「アンダーグラウンド」とか林郁夫の告白本とか。

オウムと私 (文春文庫)オウムと私 (文春文庫)
(2001/10)
林 郁夫

商品詳細を見る


まあ、ある意味、この20年間のワイドショー史といってもいいかもしれない。


・都市化して家に祀る祖先がいなくなった。結果、葬式の形も変わった。昭和20年代まで日本の大部分では土葬が行われていた。都市化の進展により、土葬が難しくなり、仮想が一気に進展。

・人が宗教にはまるのは、苦しいときではなく、経済環境が好転し余裕ができたとき。バブルの時代に新興宗教が乱立し、巨額の資金を集めた。

・手塚治虫の「ブッダ」は当初創価学会系の潮出版のマンガ雑誌に掲載された。

・坂本弁護士殺害事件は、同弁護士が人権派で神奈川県警と対立していたため、県警は本腰を入れず中途半端な操作で終わった。

・平成2年に創価学会と日蓮正宗の関係が喧嘩別れ。以後日蓮正宗側には創価学会の金が入らなくなり、創価学会側は法事や法要、葬式ができなくなった。以後友人葬に。

・村井秀夫はオウム事件の真相を知るキーマンでだからこそ彼は殺された。彼の死後全容を知ることは難しくなった。

・西荻窪はオウムや幸福の科学の本拠地がかつてあり、現在も新興宗教がいくつか拠点にしているスピリチャル系の店も多く、特異な場所となっている。

・創価学会のユダヤ人などと同じ民族化。会員同士も同じ地域に住んでいる。下町に会員が多く、公明党のポスターが多く創価学会タウンとなっている。

・日本のようにキリスト教徒が人口の1パーセントに満たない国は珍しい。初めて伝えられてから500年も経っているのに。イスラム教国でさえ一定のキリスト教徒が存在。イスラム教徒となれば日本人の信者はほとんどいない。むしろグローバル化の中日本の宗教が世界に進出している。創価学会以上に海外布教に成功しているのが生長の家。ブラジルでは信者250万を越えている。


プロ棋士の思考術 (PHP新書)プロ棋士の思考術 (PHP新書)
(2008/06/14)
依田 紀基

商品詳細を見る



著者は日本プロ囲碁界の第一人者。愛称ヨーダ。小沢民主党党首の囲碁の先生としても知られる。

著者は小学校のとき、勉強ができなくて生きていけないと思っていた。今でも小学校3年レベルの学力しかないとこの本で述べている。
この本を読んで感じたのは学がないことは、逆にここまである道を究めた人にとっては凄みになるということだ。あまりにも単純すぎて笑ってしまうところもあるのだが、何にもそまっていない、変な知識のついていない、大きな白紙という印象を受けた。
朝散歩をして、太陽が出ていないのに周囲が明るくなったことに、太陽のすごさに感動するというところなど、大いなるピュア、まさにイノセントである。学校の勉強なんてこういう人にしてみれば邪魔なだけだろうなと思う。普通の人は真似できないが。

また、著者は名人になっているのに、意志が弱いことを自慢。タイトル戦のまえにファミコンの三国志を何時間もやったり、ギャンブルや女におぼれたり、無頼派でおバカというのが好感を持てる。

・勝負には「虚仮の一念」が大事。

・読みとは形をイメージすること。

・中村天風:言葉とは積極的な(ポジティブな)言葉を使わなければならない。

・碁は技術と思っていたが、技術の上下ではなく、心のもちようで勝敗が決まる。

・かった負けたで評価が決まる以後の世界では、勝負の微妙な綾がその後の運命を変えることもある。鬼のように強かった棋士が何かのきっかけでさっぱり勝てなくなったりする

・成果=能力×やる気×ツキ。ついてるときはエイやっとやり、ついていないときはひたすら頭を下げる。ドラマチックな生き方=夢×ツキ×虚仮の一念。ツキと言うのは出会い。出会いの大元は両親。ツキを得たいなら、親孝行をすべし。
→ツキというのは絶対ある。マージャンをやったことある人にはわかると思う。

・チャンスとツキはキャッチしなければ何事もなかったように過ぎていく。夢や目標を持つことで、チャンスをセンサーがキャッチする。感受性がないと何も気付かない。チャンスに恵まれない人は、チャンスをキャッチできなかった人。

・学校からいじめをなくし、自殺する人を減らすために、そのことを毎朝太陽に祈っている。

・社会で生きるには中学校を卒業するほどの学力すら必要ない
→それは違うと思う。著者のような人が多数になる社会というのは有り得ない。


ビートルズの謎 (講談社現代新書)ビートルズの謎 (講談社現代新書)
(2008/11/19)
中山 康樹

商品詳細を見る



結構マニアックだが、ビートルズが好きな人は結構楽しめるんじゃないだろうか。
それにしても、ビートルズは存在がすごすぎて、ビートルズのうそ話で儲けてるような人が以下に多いかということが良く分かる。著者がそういったうそ話、うそのような本当の話を丹念に調べて行くという構成。

個人的には、初めて買ったCDがletitbe。両親が好きだったのでビートルズは子どものときから親しんでいた。小6くらいは、図書館でジョージハリスンの自叙伝「ダークホース」なんかを読んでいた。子どものときは初期、中・高時代はサージェントらへん、大学以降は中期の音が好きで、今もラバーソウルとかレボルバー辺りが一番好き。一番好きなアルバムを選ぶとしたらレボルバー。


メモ:ビートルズの年表
実質活動期間7年間であそこまで風貌が変わったのが一番驚愕。たぶん世界の中心にいたから。


以下メモ。

・ブライアン・エプスタインがやってたレコード屋でビートルズを注文し、エプスタインにビートルズの存在を教えたレイモンド・ジョーンズは実在。

・64年4月4日の全米チャートで1位から5位までを占める。それは各局が色々なレコード会社から出されたからできた快挙。

・ビートルズ、特にジョージがインド音楽に関心を持ったのは、映画ヘルプ中にレストランにインド人ミュージシャンが登場するのがきっかけ。

・ビートルズとビーチボーイズのライバル物語。ラバーソウル→ペットサウンズ→サージェントペパー→スマイル(未完)

・レボルバー期はポールの存在が大きかった。特にテープループの活用など、ポールを中心に4人が機械とスタジオで格闘して、前例のない音作りに没頭した。トゥモローネバーノウズのカモメの声は、ギターリフの逆回転

・前衛的・精神的なものを聞いたり読んだりしていた。ジョン:ニーチェ、チベット死者の書。ポール:前衛ジャズ、ジョン・ケージ。

・リボルバーのタイトルの由来。マジックサークル。ループサウンド。

・解散の真実:意外にジョンはビートルズを一番続けたかったのかもしれない。


tomorrow never knows" album "love" version
ジョンレノンがCコードだけでつくった曲。







労働再規制―反転の構図を読みとく (ちくま新書)労働再規制―反転の構図を読みとく (ちくま新書)
(2008/10)
五十嵐 仁

商品詳細を見る



派遣切りが話題になっているので期待して読んでみた。
中身は非常にがっかり。

個人的には派遣労働者に対して同情的で、大企業のやり方には怒りを覚えるのだが、何だこのレベルの低い本は。天下のちくま新書がこんな程度の低い本を出していいのでしょうか。

非常に党派的だし、ジャーナリスティックで学術的客観性が全くない。田母神とかいうオッサンと同じレベル。

たとえば、在日米商工会議所のチャールズレイク氏をエコノミックヒットマンとして何の証拠もなく、印象論で非難しているが、訴えられてもおかしくないような言いがかり。少なくともそこまで言うのであればちゃんと証拠を出すべき。


→調べてみたら著者のブログ発見。http://igajin.blog.so-net.ne.jp/

池田信夫と論争やってるらしい。
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/cc70fa4fe347edaa216a5e5402cd3e16



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking