On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性 (講談社現代新書 (1948))理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性 (講談社現代新書 (1948))
(2008/06/17)
高橋 昌一郎

商品詳細を見る


これはめちゃくちゃオモロイっす。識者が選ぶ年末の新書ベストテンに入ってきてもおかしくない本でしょう。

人間の理性の限界がどこにあるかを、ディベート形式で展開していく。
そのディベートが面白くて、色んな属性を持った人が出てくる。大学生、論理哲学者、ロマン主義者、物理学者、科学哲学者、カント主義者、数理経済学者、国際政治学者etc・・それぞれの「専門」を極端にデフォルメした立場からディベートを進めていき、飽きがこない。

中身は大きく分けて、三部。全体としてイロイロな「パラドクス」や「原理」が出てくる。
固有名詞っぽいのを下にあげるが、それぞれをググってみてもイロイロ勉強になる。

第一部は、民主主義の不完全性について。すなわち、いかに完全な投票、合理的な意思決定が存在しないかの説明。
アロウの不可能性定理
コンドルセのパラドクス
ボルダのパラドクス
パウロスの全員当選モデル
ギバード・サタースウェイトの定理
ナッシュ均衡
しっぺ返し戦略
ミニ・マックス戦略


第二部は科学のの限界について。単なるパラダイム論ではなく、量子科学の話もあって面白い。
ラプラスの悪魔
ハイゼンベルクの不確定性原理
EPRパラドックス

第三部は知識の限界。論理学や基礎数論の話が多く、一番難解な箇所で読みにくい。
オコンナーの語用論的パラドクス
スクリブンの卵
ゲーデルの不確実性定理
ペアノの自然数論
抜き打ちテストのパラドクス
チューリング・マシン


興味深いポイントを次に列挙。
<序章>
・百メートル走で人間が9秒の壁を越えることはなく、せいぜい9秒37。マラソンもせいぜい1時間48分。人の運動能力は、循環器系や筋肉の物理的性質によって制限されているから。

・体脂肪率の高い女性は筋肉が男性より少ないためパワー形の競技で勝つことはできないが、志望が有利に働く長距離水泳などは、女性が有利。例えばドーバー海峡横断レースは世界記録保持者が女性で、男性よりも30分以上早い記録。


<第一部:選択の限界>
・ボルダのパラドクスによれば、単記投票方式は必ずしも民主的な投票方式ではない。一番好まれた候補者が一番嫌われている候補者であることもある。

・「単記投票方式」にみならず、「総当り決戦方式」、「順位評点方式」、「上位二者決戦方式」、「複数記名方式」それぞれに問題があり、方式により選ばれる候補者のタイプも変わってくる。

・アロウの不可能性定理によれば、(アロウの定義による)完全に民主的な社会的決定方針は存在しない。

・ギバード・サタースウェイトの定理によれば完全に公平な投票制度も存在しない。

・囚人のジレンマ・ゲームにおいて一番強いのは「しっぺ返し」戦略をとるプログラム。つまり基本的には協調路線をとり、相手が裏切ったときにだけ、こちらも裏切る、また相手が協調路線に戻ればこちらも協調路線に戻るというプログラム。

・ゼロサムゲームにおいては、ミニ・マックス戦略が、最強。


<第二部:科学の限界>←ここがこの本で一番面白い。
・1687年にニュートンが発表した「プリンキピア」あらゆる自然現象を説明した。自身の発見した万有引力の法則、ガリレオの落下運動力学、惑星運動に関するケプラーの法則、振り子に関するホイヘンスの研究を総合した。プリンキピアはユークリッドの原論を意識して書かれ、慣性の法則、運動方程式、作用反作用の法則の基本3法則から物理現象を演繹的に説明。

・ラプラスは、ニュートン力学が全ての自然現象を説明できれば、宇宙の出来事は全て決定されており、不確定要素が入り込む余地はないと考えた。「ラプラスの悪魔」というある瞬間に宇宙の全ての原始の位置と速度をしっている悪魔がいれば、未来永劫の宇宙の姿を予知できるとした。

・ところが、光の速度に関しては、速度合成法則が成り立たないことが実験的に確認され、ニュートン力学でも説明できない現象とされた。アインシュタインは、車と同じ速さで走ったら、車は泊まって見えるが、光は絶対的な速度であり、同じ速さで走っても速度は変わらないと考えた。

・1905年、アインシュタインは「特殊相対性理論」を発表、その後15年に、重力や加速度運動にも特殊理論を応用し「一般相対性理論」を完成。ニュートン力学が間違っていたというよりも、アインシュタインの物理学がより広範に適用できたということ。地球上の一般的な物理法則には、アインの物理はニュートンとほとんど同じ結果を導く。ただし、運動する物体の速度が光の速度に近づいていたり、強い重力場が問題になる場合はニュートン力学は適用不可能となる。

・ニュートンは時間と空間を絶対的なものとみなしたが、アインシュタインは、時間も空間も観測者によってことなる相対的なものとみなした。

・ハイゼンベルクの不確定性原理;ミクロの世界を観測する際、対象が小さすぎるため、測定のために用いる光や、電磁波そのものが対象を乱してしまい、正確な測定ができないこと。

・アインシュタインは不確定性原理を、本来決まっている電子の位置を人間の限界により測定できないと考えたが、「相補的解釈」によれば、電子の位置と運動量は、様々な状態が共存しており、どの状態を観測することになるかはきまっていない。つまり、原理的に不確定だという。

・量子論によれば、ミクロの物質は誰も見ていないとき様々な場所に同時に存在している。物質は、通常は「波」として存在し、観測される瞬間に粒子になる。これは、常識的には信じられないものだが、二重スリット実験により明らかになっている。スリット実験は、2002年のフィジクスワールド誌が世界中の科学者にアンケートし、最も美しい実験に選ばれた。スリット実験は、一個の電子が、幽霊のように二つのスリットを通過していることを示している。が、衝突の瞬間には一個の粒子になっている。また、世界中で同じ時刻で一つだけ電子を発射し、それを重ね合わせても、同じ干渉パターンの結果が出る。すなわち、電子がお互い干渉しあっている。また、どちらかのスリットを通っているかを観測すると、電子はどちらか一方のスリットをとおり、干渉パターンも消えた。すなわち、観測によって、波が収縮した。
→すげえ!!量子論の世界、恐すぎ。

・アインシュタインはこのようなミクロの世界の不確実性については、「神はサイコロを振らない」として反対した。

・EPRパラドクスと光速度不変の原理;長くなるので書かないが、非常に面白い実験。光の速度をこえて、互いの電子の情報は伝わらないはずだが。。アインシュタインの思考実験を実際にアラン・アスペという人が行い、量子論の立場から証明。

・エヴェレットというひとによる多世界解釈というSF的な説明が、この不思議な現象を説明するために持ち出された。無数の世界が共存しており、「観測」される度に世界が複数に分岐している。

・クーンは科学革命において合理的な基準は存在しないという。新パラダイムと旧パラダイムの一種の闘争であり、新は、旧の欠陥を挙げてプロパガンダする。科学理論の変革において、決定的な意味を持つのは、「真理」や「客観」ではなく、科学者集団による「信念」や「主観」に基づく「合意」。クーンは新理論が旧理論よりも真理に接近するというポパーの進歩概念を幻想と読んでいる。二つのパラダイムは概念の共通項がなく比較不可能。(共約不可能性)

・ヒュームによれば、帰納法には論理的な根拠はない。地球が太陽の周りを回るという事実は明日もそうだといウ必然性を導かない。


<第三部:知識の限界>←わかりにくい。
・ゲーデルは数学の世界はでは、公理系では汲みつくせない真理が存在することを証明。

・人間の脳がアルゴリズムに従うだけのチューリング・マシン論があるが、ゲーデルはそれを否定。アルゴリズムの限界を証明したことが、人間の優秀さを示していると考えた。

・チャイティンの真理性の話。分かりにくかったけど、面白そう。後でこれを読んでおこう。
http://okwave.jp/qa3552351.html
↑読んでみたけど、ある種のトートロジー。もっと詳しい説明はないのか。
まあ暇なときにでも探してみよう。


スポンサーサイト
sojourner=
【名】
〔短期間{たんきかん}の〕滞在客{たいざい きゃく}、宿泊客
by space alc

sojournerという英単語は知らなかったが、オバマの弱点を的確に表していると思う。
NYタイムスコラムニストのデイヴィッド・ブルックスのコラムより冒頭のみ抜粋。

最近の世論調査では、マケインがやや優勢という結果を出している調査もあるようであるが、オバマが負けるとすれば、このsojournerと見られる要素が結構大きいと思う。以下の引用文の後、ブルックスはいろんな意味でのsojournerぶりを挙げているのだが、特にアメリカという国にとってのsojournerという印象を払拭し切れなかったらアウトでしょう。

ちなみにデイヴィッド・ブルックスは保守派(がちがちではないが)でマケイン支持者である。

http://www.nytimes.com/2008/08/05/opinion/05brooks.html?_r=1&ref=opinion&oref=slogin

Where’s the Landslide?By DAVID BROOKS

Why isn’t Barack Obama doing better? Why, after all that has happened, doeshe have only a slim two- or three-point lead over John McCain, according toan average of the recent polls? Why is he basically tied with his opponentwhen his party is so far ahead? His age probably has something to do with it. So does his race. But thepolls and focus groups suggest that people aren’t dismissive of Obama orhostile to him. Instead, they’re wary and uncertain. And the root of it is probably this: Obama has been a sojourner.
当初、「利家とまつ」タイプのホームドラマかと思って敬遠していたが(「利家ー」は全く見てないので偏見だが)、篤姫が斉彬の養女になり薩摩を出るくらいのころからおもしろさに気づいた。

この大河ドラマはいろんな魅力はあるかと思うが、今週号のAERAの記事にあった、薩長史観への挑戦というものも一つの魅力である。

井上勝生の「幕末・維新」も反薩長史観であるが、この記事でも書いたように、最近の私はこのスタンスに共感する。篤姫もこのあたりのイデオロギー・権力闘争が非常に面白い。家定が井伊ではなく、雄藩による幕政改革の松平春嶽を大老に選んでいたらどうなってたんだろう。(どうせ後に春嶽は実権を握るが)

それにしても、西郷隆盛は歴史上の大人物ということになっているが、未だかつて私はこの人に魅力を感じたことがない。(関連する本とかを読んだことがないかもしれないが。)いずれ、魅力が分かるようになるのだろうか。篤姫の中の西郷に関しては、俳優が好きだけど。小澤征爾の甥らしい。


ブラビことブラックビスケッツの名曲「TIMING」
政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年
(2008/04/10)
ジェラルド・カーティス

商品詳細を見る



著者は米国コロンビア大学の教授。有名な日本政治学者。
日本語で書いた文章らしいが、さすがに日本語はお上手。文章まで、論理的に展開する米国流エッセイというよりは、日本流の随筆的なもの。

中身は面白い。日本人ではなかなか言いにくい正論をはいている。一面的にながれがちで、相対的に物事を考えることが苦手な日本人は、こういう日本を大事にしてくれる知日派の声に時に耳を傾けルことが大事だと思う。

以下メモ。

・アメリカは教育制度や企業など社会が「遅咲き」に寛容。アメリカでは大学を卒業してもすぐに就職せず、好きなことをやるのは極普通。一方で、日本は極めて冷たい。もっと寛容になることは日本の重要な課題。
→同感。

・米国の知日派の傾向。第一に、若い研究者は、実態調査よりも理論を重視。広く日本についての知識を得ようとするよりも、狭い分野で専門的な理論を深めようとする傾向が強い。これは、日本研究に限らず、最近のアメリカ社会科学一般の傾向。地域研究が評価されない。第二に、JET世代の台頭。

・米国は多民族・多宗教・地域差が大きいので小選挙区制にしないとばらばらになる。一方で日本は、一元的で、白か黒かというよりもグレーの濃さの違いであることが多い。このような社会に小選挙区を導入すると、政党は似たような政策を有権者に提示し、違いは、トップリーダーの人気に帰着する。リーダーを支えるのは政党の代議士ではなく、世論になるので、ナショナリズムをあおって大衆迎合するようなポピュリズムに傾き何とか人気を高めようとする危険性が強まる。
→私も昔から、小選挙区制より中選挙区制のほうが良いと思っている。少なくとも小選挙区制が導入された頃のように、小選挙区制イコール善、中選挙区制イコール悪というのは、単純すぎると思う。今でも、そのように考えられているところもあるが。

・日本の文化が他の国と違うのは日本の魅力と面白さであるが、大体において日本人の行動について文化的説明が多すぎる。社会科学者は安易に文化論を持ち出すべきではない。

・日本人は自らのアイデンティティを気にしすぎる。米国はアイデンティティを考えないと、ばらばらになるが日本はその必要は無い。尊敬されるためにアイデンティティを確立する必要があるというのは極めて日本的な発想。例えばフランス人は自らを尊敬するためにアイデンティティを重視しているのであって、国際的に尊敬されるためではない。外から見ると日本のアイデンティティは十分強い。だからそれを更に確立するというのは奇異に見える。いろんないみで日本折ユニークなのはアメリカ。でもアメリカは自らを普遍的なものと思い込んでいる。逆に日本人は他の国や文化との共通性をあまり意識しない。日本人がユニークなのは強いて言えば、ユニークであると思い込んでいる点。
→興味深い指摘。

・日本の外交はいかに時流に乗るかを考える受動的なもの。アメリカは、いかに世界の構造を自分の国益に合致するように構築できるかを考える。ワシントンの新保守主義者の要請に応えようとしたら日本の対応型が以降は危険な道をたどる。日本なりのはっきりした戦略を示す必要がある。

・55年体制において非公式な調整メカニズムが上手く働いた。日本はプレゼントの包み紙を丁寧にとって折りたたんで中身を出すが(アメリカ人は破って中身を取り出す。)、日本人にとって全てが中身である。他の社会なら、型と中身を区別して、中身さえ良ければいいと考えるが日本はその区別をしない。日本において型(フォーム)は中身(サブスタンス)である。 このような型にこだわるフォーマルな社会では、インフォーマルな話し合いを重視する。酒の席などでの根回しがそう。しかし、接待を否定するような価値観が出てきて、暗黙rの了解や曖昧な慣習に基づくゲームのルールが破壊されてきた。それは日本社会全体においてそう。それで調整メカニズムは一般に弱まってきている。
→非常に興味深い。

・政治討論テレビ番組を見ていると、特に若い政治家は、難しい政策の話をして官僚並みの政策知識をひけらかす。また、丁寧に自分のん考えを説明するよりも相手の話を邪魔したり攻撃することがやけに目に付く。政治家は、方向性、基本方針、重要法案について力を発揮すべきで、なによりもジェネラリストであるべき。官僚機構をぶっ潰すと安倍首相はいったが、当然官僚に変わる専門知識を持つスタッフが必要になる。

・完了バッシングが続いた結果、官僚のモラールが低下し、優秀な学生が官僚になろうとしなくなった。官僚機構が弱まっているが、それにかわる受け皿は生まれていない。行政改革がこのまま進むと最悪の結果を招く可能性が強い。

・普通の国は政治家は当然政策の責任は自分が持っていると思っているので、日本の政治家のように官僚が反対するから製作を実行できないとは恥ずかしくていえない。官僚バッシングが日本では盛んだが、官僚機構を上手に指導できない政治指導者の問題がはるかに大きい。

・民間人や大学人を任命する政治任用制度は、モデルとするものがアメリカのもんであり、アメリカの制度は世界でもユニーク。そのシステムを導入するとマイナスが多い。

・日本の総理大臣は有権者と直接結びついた大統領化しているが、大統領制特有のチェックアンドバランスがないまま、伝統的な政党政治が生み出したチェックアンドバランスが機能しなくなると、政治は悪い方向に向かう。目の前で日本人が誇りに思うべき伝統が消えて言っており残念。

・小泉政治は特異なものであり、政治システムを恒常的に変えたわけでもない。安倍は小泉のやり方は、新しい政策決定システムとして確立したと勘違いし、自分も同じように出来ると思ったが、小泉のようなカリスマ性がなく、失敗した。



モグワイの名曲
Mogwai - "2 Rights Make 1 Wrong" - Live 2001 France


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking