On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本の読み方 スロー・リーディングの実践 (PHP新書)本の読み方 スロー・リーディングの実践 (PHP新書)
(2006/08/17)
平野 啓一郎

商品詳細を見る


小説を速読することがいかに意味が無いかということについては納得。
人間の脳みそのメモリはとても小さく本を読んでても忘れるのは当たりまえらしい。

スローリーディングの実践編のほうははあまり面白いとは思わなかった(どんな読み方を披露してくれるのかと期待していたが、そうだったのか!という驚きは無かった)が、なんとなく小説の読み方がこれから変わるかもしれない。作者の意図を追いつつより注意深く文章を読むように成るだろう。


・本を何冊読んだかを自慢する速読家の知識は単なる脂肪。知識が自分の身となり肉となっていない。速読は明日のための読書(明日の会議のためにざっと資料を読むとか)であり、スローリーディングは5年後、10年後のための読書。物知りであることより、人間的に厚みがあるほうが、なんでも検索できる時代には大切。

・いくつかの速読本を著者は読んだがほとんどがあやしいもの。無意識のレベルで脳にインプットするというのは、人々の無知につけこんだ怪しげな理論。
→勝間和子がフォトリーディングというのを盛んに言っていて、書店にも最近平積みされていますが、やっぱり怪しいんでしょうか。
→怪しいといえば、以前、速読のセミナーに行っていた知り合いが、「セミナーの先生がすごくて、本の表紙に手を置いて目を閉じているだけで中身読めてるんだよ!」と力説していたこと。そんなの有り得ないと反論したが、聞いてもらえなかった。その知り合いは一応東大出身だったんですけどね。人間って簡単に騙されるんだなと思った。

・速読は全部を読むわけではないので、推論の上に成り立つ読書であり、信頼性が低い。

・ビジネスでも速い仕事はいい加減になる。長期的な信頼のためにもゆっくり取り組むことが大切。

・すらすらと読むのが当たり前といわれると、ページを戻るのは屈辱だが、そもそも人間の頭の構造から速読はできないということが分かれば、気楽に読める。

あと、平野啓一郎のブログを発見した。トラバ送ってみた。
スポンサーサイト
インテリジェンス人間論インテリジェンス人間論
(2007/12)
佐藤 優

商品詳細を見る


若干散漫ではあるが、鈴木宗男、小渕恵三、森喜郎など日本の政治家論はおもしろい。
特に、鈴木宗男論は、バイアスはかかっているとは思うが、前書きで著者も認めるように気合が入っている。


おまけ
槇原敬之 モンキーマジック カバー
ファッションはかなりハードゲイ。曲は超ファンクでかっこいい。
葡萄酒か、さもなくば銃弾を葡萄酒か、さもなくば銃弾を
(2008/04/25)
手嶋 龍一

商品詳細を見る


この著者は、本人に自覚が有るかないか分からんが某国情報機関に利用されているように見えるので(「ウルトラ・ダラー」とか)、基本的にあまり好きではないが、そのあたりのバイアスを差し引くと、この本に関しては、それなりに面白い。

主に、外交や安全保障に関わる東西の政治家、外交官についての簡単な横顔紹介エッセイといったところか。例えば、西であれば、バラク・オバマ、ジョン・マケイン、ロナルド・レーガン、ヘンリー・キッシンジャー、ドナルド・ラムズフェルド、コンドリーザ・ライス、東であれば、麻生太郎、安倍晋三、福田康夫、小沢一郎、谷内正太郎、若泉敬など。

一番面白かったのはヒラリー・クリントンとジャクリーヌ・ケネディの比較の章かな。

面白かったり、知らなかったのは以下のようなエピソード。

・ ケネディ元大統領とその父親は、寝室をともにした女の数を競い合い同じ女性を融通することまでしていた。ケネディは女優、人妻、客室乗務員、秘書、ジャーナリスト、コールガールとおびただしい数の女性と関係をもち続けた。
→ケネディの私生活が相当乱れていたことは有名だが(マリリンモンローとの関係など)、ここまでひどいとは知らなかった。


・ またジャクリーヌの祖先はフランスの貴族という話は広く知られていたが、元々ありふれた移民の家であり、祖父の代で大枚をはたいて家格を購入。
→この金に物を言わせたやりかたはケネディ家に通じるものがある。たしか、ケネディの父親か祖父も禁酒法時代に不法に酒を扱って巨万の富を築き、ケネディ父は駐英大使のポストを手に入れ、息子のJFKには金の力でハーバードまでいかせ、そこでの修士論文も金に物を言わせて別人に書かせたとの話を聞いたことあり。(真偽不明だが)


・ 大連立構想が出た小沢一郎と福田康夫の党首会談で、国連決議のない自衛隊派遣は認めないと福田が同意した際、小沢は「憲法解釈が明確にならないと大連立も自衛隊派遣の恒久法にも応じられない」といい、それに対し、福田は自分ひとりで決められないと沈黙した。小沢は「法制局なんかに聞いても駄目だ」といい、福田も即座に首を横にふった。安全保障の大転換に際して福田がすがったのは、条約官僚であった。別に構わないというのが条約官僚のご託宣であった。日米同盟から国連の集団安全保障に移していいなどと条約官僚が考えるはずがない。党首会談の合意文書がどのようにつづられようと国際法の知見を駆使していかようにでも解釈してみせると、福田の背中を押したのだ。
→大連立構想はまさに日本の安全保障が争点になった。そして小沢が辞任会見の際に語った、福田総理は小沢の考え(国連の集団安全保障と日本の自衛隊派遣を一致させること)を認めたとの発言は、日米同盟を覆すほどの潜在性を持つ衝撃的内容であったが、奇妙なことにメディアではしっかりとしたフォローアップがなされなかった。(大連立構想などの政局報道に明け暮れたメディアの感度の低さを物語っている。)あの騒動に関する手嶋のこの話は本当かどうか分からないが、なかなかに興味深い。ここに着目したのは他のジャーナリストと比べさすがだと思う。当たり前だとは思うが。


まあ、あと全体を通じて、最近の話では、やけに日ロ関係のエピソードが多い。著者の佐藤優との付き合いの深さをも示唆していると同時に、その他の情報源をあまり持っていないことを示唆しているのではないか。

Philharmonic or diePhilharmonic or die
(2008/02/20)
くるり

商品詳細を見る


ライブ版。
以前、ミュージックステーションで赤い電車をやったとき、緊張のためかこっちが恥ずかしくなるくらい音痴だったのであまり期待してなかったのだが、聞いてみるとかなりよい。
特に一枚目。
こないだ触れたワールズエンドスーパーノヴァのオーケストラバージョンはここからだったのか。
ライブ版にしては音がかなりいいし。ボーカルもまとも。(ちゃんと仕切りを入れて録音してた模様)
これは、かなり感動した。すごいぞくるり。
あとは2枚目は「宿はなし」が良かった。なんとなく、京都ってなかんじで、140年前あのライブハウスのあたりを新選組とか志士たちが駆けずり回ってたんだなあと想像すると面白かった。


東京東京
(1996/02/21)
サニーデイ・サービス

商品詳細を見る


このアルバムは初めて聞いた。初期の頃なのだろうか。フォーク色高し。
非常に良い。



キセキ(初回限定盤)(DVD付)キセキ(初回限定盤)(DVD付)
(2008/05/28)
GReeeeN

商品詳細を見る


ドラマが好きで、この曲も好きなので、シングルを15年ぶりくらいにレンタル。
いいけど、音質があんまり良くない。

幕末・維新―シリーズ日本近現代史〈1〉 (岩波新書)幕末・維新―シリーズ日本近現代史〈1〉 (岩波新書)
(2006/11)
井上 勝生

商品詳細を見る


岩波新書で刊行中のシリーズ日本近現代史の一冊目。
岩波の歴史本ということでどうせ単純なマルクス史観的進歩史観だろうとあまり期待していなかったが、その逆で非常に面白かった。グッジョブ!

著者の基本スタンスとしては、幕末・維新期の歴史がこれまでは最終的な勝者である薩長の視点から描かれすぎていることへの是正を図るというもの。個人的には新選組関連を最近よく読むこともあり、著者のスタンスには共感を覚える。

幕末の幕府官僚が、いかに国際情勢に通じており、列強からの開国要求にも筋の通った外交を行ったかということも描かれていて興味深い。
また、幕末の人々に対する外国人が持った感想が総じて侮蔑的なものでもなく、むしろ社会・経済水準の高さに一定の尊敬の念も持っていたことが示されている。
さらに、イギリスなどは軍事的に日本を制圧する意思や能力は持っておらず、幕末日本に対する西欧からの強い安全保障に関わる圧力があったというこれまでの歴史観はちゃんと精査されるべきと述べている点も興味あり。

幕末という時代には立派な人々も多く出たし、海外からも多くを学んでいたし、しっかりした社会的・文化的水準を保っていた。暗い江戸時代から明治維新によって明るい未来が開けたという単純なイメージは間違っていて、明治に西欧社会に追いつけ追い越せということができたのも江戸時代の土台があってこそだと思う。そもそも明治国家自体が江戸時代の高い教育水準なくしてはできないものであった。
大河ドラマ「篤姫」で描かれるような一ツ橋派と紀伊派の権力闘争などが描かれていてそれも面白かった。この本によると最終的には徳川斉昭も一定の開国はやむなしということだったのだが、現実を知らない孝明天皇と一部の公家が反対した。
薩長による維新(クーデター)も、公家の外国嫌いを大いに利用した感はあると思うが、もし、一橋派のような、日本の立場を重視しつつも現実的かつ開明的な雄藩大名が幕府の実権を握って、公武合体的をベースに日本と外国の関係をうまくもっていっていたら、今の日本はどんな感じになっていたかと夢想すると面白い。
なんとなく、昭和前半の不幸な時代は、薩長の下品な下級武士たち(例えば山縣有朋の陸軍など)による明治維新があったからこそ作られた部分が多く、礼儀を知っていたまともな武士達がちゃんと実権を握っていれば、あのような戦争も起こしてなかったかもしれないし、今の腑抜けた日本も少しは違った形になっていたのではないか。

ということで、士道というものは、もう一度復権されるべきではないかと思うのである。


おまけ:
ビョーク 「hyper ballad」 live

アメリカの経済政策―強さは持続できるのか (中公新書 1932)アメリカの経済政策―強さは持続できるのか (中公新書 1932)
(2008/02)
中尾 武彦

商品詳細を見る



著者は、国際畑の財務官僚で在ワシントン大使館の公使を勤めているときにこの本を書いた。
時期的には今年の初めに書き終えているので、一応サブプライム危機がはじまって数ヶ月はフォローされている。
以下、気になった点をメモ。

・米国経常収支赤字に対する味方については、ほぼグリーンスパン前FRB議長と同じ。すなわち、①対外債務は対外債権を上回っているが、前者の運用利率の方が高いのでどうにか黒字、②経常赤字については新興国の貯蓄が増えていること、ホームカントリーバイアスが弱まっていることが大きい。また、それがアジア通貨危機以降であることは、竹森俊平の「世界を変えた金融危機」のおける分析とも同じ。

・経常収支に為替レートが影響を与えないという議論は正確ではない。自国通貨が切りあがり輸出が減ると、生産額は減少し、所得額の減少分だけ貯蓄も減少し、経常収支は減少する。

・アメリカでは国民皆保険ではないため、人口の15%が保健の適用を受けていない。初等・中等教育も現在は、地方政府(郡・市レベル)での責任になっており、格差がある。

・グリーンスパンの日本のバブル後の日銀対応の失敗は、バブル崩壊後に、バブル再燃を恐れ果断な金融緩和を行わなかったこと。

・資産価格の変動に対し、中央銀行がどのような対応をするかについての標準的な考え方は、それが将来の経済活動やインフレ動向kに影響を及ぼすと考えるのであれば、対応するが、資産価格は金融政策の直接的な目標とはしないというもの。

・白川日銀総裁(この本が書かれたときは京大教授)は、グリーンスパンがバブル後の事後対応型であるのに対し、欧州の中央銀行は資産価格を見つつの「事前対応型」と指摘している。グリーンスパンが資産価格の上昇にもかかわらず、緩和政策を採り続けたことが、サブプライム危機以降批判されている中、白川氏の指摘は興味深い。

・日本は国民皆保険のもと、国が独占的な保険者としての力を発揮して医療費の抑制に努めているが、米国はそれが出来ない。

・高額の医療費は、従業員のために保険に入る民間企業にもコストを課している。自動車メーカーの日本メーカーなどと比したときの競争上の不利な点の一つは、医療保険、年金コストといわれている。

・インフレターゲットに対しては、FRB設置法の最大の雇用、安定的な価格という目標のうち後者しか考えていないのではないかとの批判あり。それにたいし、バーナンキ議長はインタゲと雇用の拡大は両立するとの考え。

・中央銀行がコア(エネルギーや食料など短期的に変動しやすいものを除いた物価)を見るか、ヘッドライン(全体の物価)を見るかについては、最近の原油・食料品の価格高騰の中で、それらは中長期で構造的なものであるとの判断から、ヘッドラインを目標とすべきという議論が強まってきた。人々のインフレ期待につながる体感物価もやはりヘッドラインとの議論あり。欧州の中銀はもともとヘッドライン重視。バーナンキ議長も家計や企業はヘッドラインを重視するとして長期的にはヘッドラインの指標のほうが適切と述べており、新政策と思われる。

・米国空母の数は12。英が3、仏が2、露と印が1、中・日は0。

米国の対内直接投資規制は、エクソン・フロリオ条項に基づく。規制の対象範囲はあらかじめ限定されておらず、通報が当事者の任意であるのに、通報が無ければ取引終了後3年間は審査可能であり、国際的にも批判をも招いている。最近、CNOOC・ユノカルやドバイポートの件をきっかけに、更に規制は強化された。
→日本のTCIの例とか、羽田空港の例とかを批判する資格はあるのか。(そういえばアメリカからの批判ってあまり聞かないな。TCIもそうだし、なんとなくイギリスからが多いか。エコノミストとか。)



おまけ
ゆらゆら帝国のフジロックでのライブ。「ズックにロック」
日本最強のスリーピースバンドの一つだろう。
マイPCではベース音が聞き取りづらいのが難。
波乱の時代(下)波乱の時代(下)
(2007/11/13)
アラン グリーンスパン

商品詳細を見る



下巻も読み終わり。
上巻は自伝で、下巻は経済論一般。

多方面にわたり貴重なご意見を開陳しておられる。最高の実務家による経済概説ではなかろうか。

以下気になったところなど。

<経済成長>
・経済成長に影響を与える重要な要因は以下の3つ。①競争の程度、②国内制度の質、③当局の政策。著者は財産権の保護が経済成長を促す制度の根幹と考える。

・個人に財産権があり、その権利は合法的に移転できるとの見方が社会に根付いていなければ自由市場経済は機能しない。←利益の追求が非道徳的との感覚が残っている社会

・発展途上国では不動産への所得権が認められるだけで、それを担保に資金も借りられるし、発展に寄与する。

・経済成長は幸福度を生み出さない。所得が増えて幸福度が上がるのは、基礎的なニーズが満たされる時点までであり、その後の幸福度は、他の人と比べてどうかという相対的なものに。
→そう思う。

<資本主義の形態>
・どのような経済体制・労働市場(解雇や転職の多さ)をとるかは、物質的な豊かさとストレスのなさの間でどのようにバランスをとるかの選択であり、その社会の歴史と、社会が育んできた文化すなわち共通の価値観に左右される。米国はより自由な労働市場による物質的な豊かさを求め、欧州や日本は後者により重点。そのように一国の文化のいくつかの側面はその国のGDPに影響を与える。

・ビジネスに肯定的な社会の方が企業に遙かに競争の自由を与え、物資的な豊かさの面では有利になるが、競争はストレスを生み、富の蓄積に人々は複雑な感情を持つ。

・米国のCNOOCによるユノカル買収騒動(05年6月)により、米国は貴重な資産を失った。非差別的で公正な取引を行っているとの評判を失い、対内投資に悪影響。

・日本の回復を押さえていたのは文化的な見えざる手。宮沢首相が著者に述べたように、日本人は経済的に合理的な処方政を認識していたにもかかわらず、多くの企業や個人の体面が傷つくのを避けるため、敢えて巨額のコストがかかる経済停滞を受け入れた。これは日本文化によるものでアメリカではこのような経済政策は採られない。

・同じ集団意識が日本を救う可能性有り。ある日本の高官が述べたように、年金給付水準は下げられても問題にはならない。日本人は制度の変更を国益の中で考える。米国の議会や有権者はそこまで合理的に振る舞えない。

<経常収支と債務>
・財政赤字に比べ経常赤字の懸念度は相当低い。

・米国の経常赤字を生み出す要因として大きなものは、財政赤字でも不公平な為替による輸入の多さでもなく、最強の通貨としてのドルの地位に伴うアメリカへの投資の大きさである。さらには「ホームバイアス」の大幅な低下と生産性の伸びの大幅な加速にある。

・外国人のドル資産への選好が低下すれば、ドルに対する需要は減少し、為替はドル安になり、輸出が増え、経常赤字は減少する

・現時点で米国の対外直接投資の利回りは11%で、米国の対外債務の金利を大幅に上回っている。→竹森俊平の「世界を変えた金融危機」でも指摘されている。

・情報技術やインフラを含めた金融の発達により、家計や企業はより債務を負うことができるようになってきた。南北戦争直後の銀行家は資産の40%を自己資本で裏付ける必要があると感じていたが、今は10%でよい。

・債務が国内債権者からのものか国外債権者からのものかはそんなに重要でない。

<グローバリゼーションと規制>
・異常な市場スプレッド(市場の非効率性)のかなりの部分を解消する上でヘッジファンドはポジティブな役割を果たしている。

<世界的なディスインフレ現象>
・冷戦終結とグローバル化により、単価の安い労働力が先進国に流入することで、賃金が下がり、インフレ率が下がり、金利が下がり、経済成長の現象に大いに寄与した。
→まあでもそろそろ世界的にインフレが大問題になりそうだよな。

<長期的なエネルギーの逼迫>
・投資家による先物投資などによる投機的資金の流入による原油高は肯定されるべき。それによって、速いペースで石油価格が上昇し、在庫が積みあがり、需給のバッファーになっている。これによってひいては長期的なカカク圧力を弱める。価格が上昇していなければ石油の消費量はもっと増え、需給はより早く逼迫していたであろう。→投機マネーは価格高の悪役として指摘されることが多いが、面白い見方。

・供給量の減少は産油能力の伸び率が20年間0.8%、精製能力は0.9%しか伸びなかったこと。一方で、消費量と確認埋蔵量は1.6%で伸びた。国有石油会社は価格下落を恐れあえて投資をしていない。民間の石油会社は投資したいと思っているが資源ナショナリズムなどで、自由には開発が出来ない。

・原油価格には「テロリスト」リスクプレミアムが相当乗っており、中東和平が達成されれば間違いなく原油価格は大幅に下落する。
→和平プロセスは昨秋ブッシュが新たなイニシアティブを打ち出し今年中の解決を打ち出したが、今のところほとんど進展なし。今後も難しいと見るのが妥当だろう。ただし、ガザにハマスを追い出したパレスチナのファタハ陣営を大事にしようという機運は欧米にあり、ブレイクスルーは今後の情勢次第で無きにしも非ずであろう。

・原子力は利用が大幅に不足している。

・二酸化炭素のキャップアンドトレードは反対。排出総量をどのくらいの上限とするかによって、値段も変わるから。

・バイオ燃料に関し、25キロのとうもろこしから出来るエタノールはわずか、3.8L

・イラク戦争はおおむね石油をめぐるものという誰もが知っている常識を政治的に認めるのが不都合であることを悲しく思う

<未来を占う>
・経済成長にとって一番重要なのは財産権保護などの法の支配。人間がどこまでリスクを取ろうとするかは、ルールが決まっていないと分からない。不確実性を低下させるためにルールが必要。
→竹森前掲書と似たような論理で興味深い。ルールがしっかりしていないと、ナイトの不確実性が増すということ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking