On the Road

スピリチュアル妄想録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇書評
新しい神の国 (ちくま新書 684)新しい神の国 (ちくま新書 684)
(2007/10)
古田 博司

商品詳細を見る


「新しい神の国」古田博司 読了。
迫力のある本。毒舌で日本のサヨク、中国、韓国、北朝鮮を切りまくる。
一部一部面白いところがあるのだが、過去の筆者の論壇での文章を適当に編集して作っているぽく、まとまりはあまり無い。
筆者が口をすっぱくして言う、日本は、中国と韓国とは全く違う文明というのは、30代以下の人たちには実感としてよく分かることじゃないだろうか。
でも世の中、大いに日中間は同じ文化でわかりあえるというような考えをしている人々はいっぱいいるので、筆者みたいな人には啓蒙活動を頑張って欲しい。

彼の出世作「東アジア反日トライアングル」の方が面白そうだし、こっちを今度は読んで見よう。
スポンサーサイト
◇ 「官邸崩壊」上杉隆



あんまりまとまり無いけど、面白く読めた。基本的には新聞・雑誌情報や政治家のブログ等公開情報から作成されていて、筆者自身の独自ソース情報はあまり無い模様。というわけで新聞等から知ってることが多かった。

ただ色んなソースをちゃんと読んでいると思われ、全体としては偏りなく、それなりにまとまっていると思う。

基本的には自分のそうだったんだろうなと推測する認識にも近い。安倍さんの取り巻きがやっぱ駄目だったんだなと。

取り巻きの一人、アベシの首席秘書官やってた井上氏は政治家になる野心があると報道されていたが、どうするんだろうか。今何をやっているのだろう。

というわけで調べてみた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E7%BE%A9%E8%A1%8C

今は安倍氏の議員秘書とのこと。「井上義行」「出馬」でぐぐっても、けっこう反応するのでそういう線はまだあるようだ
官邸崩壊 安倍政権迷走の一年官邸崩壊 安倍政権迷走の一年
(2007/08/23)
上杉 隆

商品詳細を見る
ネスケが終了
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080221-00000020-zdn_n-sci
私はよく知らないが、IE登場前は一世を風靡したらしい。

今、ワイが使っているのは、IEとFirefox
火狐は悪くないが売り物のFYATが日本語でできない。これができるようになるとマウスなしでかなり快適にブラウズできてさいこうなののだが。実際英語サイト見るときめちゃくちゃ快適。
http://www.d-toybox.com/studio/lib/fayt.html

マウスなしで使うと言えばOPERAが非常に使いやすかった。shift+矢印でハイパーリンク指定できたし。何でこの機能を火狐が搭載していないのかわからん。

好きな順で言えば、OPERA>Firefox>IEかな。

いずれにしても、はやくfirefoxのFYAT機能を何とか日本語使えるようにして欲しい。
何で出来ないんだろう。技術的にむずいのかな。
◇パラパラ漫画
自由に作成できる。こんなんあったのか。面白い。
http://flipbook.in/

◇英語学習型SNS
面白そう。試してみよう。
http://www.iknow.co.jp/

◇EEEPC
この前書いた小型パソコン。評判高い。
触ったけど安っぽさは無かった。まじで買おうかな。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080220-00000007-bcn-sci

◇携帯充電器(USB対応)
おれのアイポッドすぐ充電なくなるからいいかも。
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0802/19/news054.html
◇マネー
行天豊雄の中央公論3月号の記事はなかなか面白かった。
でも、榊原英資といい財務官経験者はみんな悲観的だな。まあ米国の金融があそこまでやられちゃうと誰でもそう思うわな。ドルの衰退とともに、イラク戦争等でたまりきった赤字が重荷になってどうしようもなくなると。

とてつもない赤字財政をなんとかファイナンスしてた金融力がなくなってしまうと、当然やばくなる。で、財政力が無い国は当然ポール・ケネディが「大国の興亡」で言ったように覇権を失い始めるということで、次の確固たる覇権国が出るまで世界は漂流しますね。悪いことに金の裏づけが無い通貨制度の世界では余計に覇権力の低下はあぶない。

「大国の興亡」が出たとき(80年代後半)は米国内でも、本気で米国は衰退し、日本に覇権をとられるのではないかということが心配されたらしいが(実際大国の興亡の表紙は英国人に続き米国人が階段を下りようとし、日本人が階段を上り詰めようとしている)、90年代のIT・金融好況でなんとか踏ん張った。逆に日本は金融力のなさが裏目に出てやられてしまった。
ここで踏ん張れるか、アメリカ。踏ん張れるかどうかが評価分かれ目だろう。で、榊原なんかはもう駄目だといっている。

行天は榊原ほどドルに対しては悲観的ではなく、ドルから逃げようと思っても、原油他の商品市場ではマネーは吸収しきれずユーロはまだドルの代替通貨としてはなりえていない、というところである意味ドルの覇権はまだ続くと見ているが、実はドルに代わるものがでてこず、マネーが漂流し続ける方が悲観的という見方もできるんだろうな。

というわけで、イラク戦争は財政・経済的にも大失敗で、米国が覇権を失う曲がり角だったという歴史が百年後書かれてる可能性は大きいかと。

◇新撰組!総集編

1年分の大河ドラマをわずか3時間半にまとめたDVD。
あまりにも話が省略されすぎて、はっきり言って大河ドラマを見てない私としては、話の流れがよくわからんかったが、この大河ドラマが面白そうだということは分かった。どうやったら1年分見れるのだろう。かなり見たいんだけど中国とかで違法ソフト買うしかないのかな。

近藤勇役の香取慎吾もなかなかの熱演。土方役の山本耕司もよかった。他にもいい役者が色々出ていて面白そう。ぐっさんもさすが芸達者だけあって演技も上手い。

久しぶりに新撰組への関心が昂ぶってきた。めちゃくちゃ「燃えよ剣」とか読みたい。なんか新撰組関連でいい本がないか探してみよう。

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
(2005/02/25)
香取慎吾、藤原竜也 他

商品詳細を見る


お、どうやらアマゾンによると完全版DVDボックスがあるらしい。
見たいけど、高いな・・
◇湯川秀樹の手書き原稿
http://ocw.kyoto-u.ac.jp/jp/yukawa/paper.htm
かっくいい。


◇ オモロ!
R-1グランプリを見た。はっきり言ってほとんど笑える箇所が無かった。何とか係長とかはまあおもろかったけど。

今年のM-1みてても、半分以上のコンビはほとんど笑えなかった。これが決勝のレベルかってくらい。一方で、年末年始にベテラン・大御所の漫才をいっぱい見たけど、やっぱりおもろい。

お笑いバブルによって、本来テレビに出られるレベルじゃない若手が急に増えたと思う。恐らく数年もして、バブルが完全にはじけると彼らは職を失っていると思うのだが、ちゃんと受け皿はあるのだろうか。

まあ、お笑い技術というのは結構汎用性のある能力だと思うから、プロじゃなくても生きる糧としてはそれなりに武器になるからいいのか。

というわけで、色々消えて欲しい芸人は世の中に五万といるのだが、今年ブレイクしてほしい芸人は、インポッシブル、BODY。
あと、サンドウィッチマンの漫才はもっとみたい。
消えて欲しくない芸人は、小島よしおと藤崎マーケットとしておきましょう。やつらは普通に面白い。
◇疑問
gooブログもそうだったが、なぜ、URLを書いただけでそれがハイパーリンクになってくれないのか。面倒くさい。
誰か教えて。

◇面白そうな本
英エコノミストの記事。記事では批判的に書かれているが。
http://www.economist.com/books/displaystory.cfm?story_id=10640560
The New Asian Hemisphere: The Irresistible Shift of Global Power to the EastThe New Asian Hemisphere: The Irresistible Shift of Global Power to the East
(2008/02)
Kishore Mahbubani

商品詳細を見る


わざわざ英語で読もうとも思わんので、誰かが訳すだろうから、その後適当に読もう。


◇京都大学出身の作家
万城目学といい、森見登美彦といい(古くは、平野啓一郎とか)最近多いですね。京大付近はいったこと無いけど、そういう土壌なんですかね。

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20080216-OYT1T00507.htm



中原中也賞に京大生・最果タヒさん
 第13回中原中也賞(山口市主催)は16日、京都大学生、最果(さいはて)タヒさん(21)(兵庫県西宮市)の詩集「グッドモーニング」(思潮社)に決まった。

 中也のブロンズ像と副賞100万円が贈られる。贈呈式は4月29日。






◇XJAPAN
復活するらしい。
で、産経のこの記事は宗教問題の背景を知らないのか、TOSHIのこれまでの活動を全くポジティブに評価。大丈夫なのか。


全国の福祉施設や老人ホームなどで、癒しをテーマにボランティアのミニコンサート「愛の詩をうたいたい」を開催し続けているミュージシャンのToshiさん。かつて人気バンド、X-JAPANのボーカリストとして活躍し、今年1月に幼なじみのYoshikiさんらと再結成を発表したが、一方で癒しを世界の人に届けたい-と今後もミニコンサート活動を続けることを明らかにした。Toshiさんは「さまざまな体験を通じて得た自分の根っこを大切にしたい」と話している。(藤浦淳)

・ 【関連フォト】平成9年の紅白以来のステージを披露したX JAPAN

 X-JAPANは、独特のメークや髪形のロックバンドとして平成元年にメジャーデビュー。「ビジュアル系」という言葉を定着させ、人気は海外へ広がった。

 しかし、Toshiさんは、事務所の金銭トラブルなどから心労が絶えなくなった。当時の心境を「人気と裏腹に次第に気持ちは沈んでいき、むなしさばかりを感じようになった」と振り返る。

 9年の解散前からロサンゼルスに住んでいたToshiさんは、当時米国でジャンルとして確立していた「癒しの音楽」に傾倒。帰国中に聞いた国内での先駆的存在だったMASAYAさんの曲に感動し、解散後にミニコンサートを始めた。

 最近6年間で訪れた老人ホームや養護学校、刑務所、ホスピスなどは、X-JAPAN時代から親戚(しんせき)の家をよく訪れたという大阪・堺市をはじめ全国8000カ所以上。寄せられるコンサートの依頼に自ら応えてスケジュールを調整、多い日には昼間に6カ所をこなしてきた。涙を流すお年寄り、大喜びで寄ってくる子供たち…。

 「すべてを捨ててでもこれを、と選んだ音楽活動。全国の人たちの温かい声援に守られ、飛行機や夜行列車を乗り継いで、1日も休まず地道に約束を守ってコンサートを続けたことで、自分にしっかりした根っこが生えたと感じる」

 そう振りかえるToshiさんはメジャー復帰しても、「国境を、言葉を越える音楽を、大きなステージでも小さなコンサート会場でも精いっぱい伝え、『癒し系』と呼ばれたい」と話している。

 復活ライブは3月28、30日に東京ドームで行うが、同6日にはToshiさんがホテル阪急インターナショナル(大阪市北区)で、大阪では久々となるディナーショーを開催する。問い合わせはToshiコンサート事務局((電)0287・73・2772)、詳細はオフィシャルサイト(http://www.toshi-official.com/)。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080216-00000944-san-ent
なるへそ。アイマスクと耳栓で3時間で大丈夫か。なんとなくそんな気もする。こんどやってみよう。

http://d.hatena.ne.jp/kotorikotoriko/20080213/1202904458
◇引越し
徐々に引越し作業進行中。
それにしてもこのプログは色々な機能があってよい。gooとは大きな違い。





◇イルカ漁
CNNのサイトを見ていたらこんなものが。
Japan's dolphin hunters
http://edition.cnn.com/video/

日本にイルカ漁をしているところがあり、人権団体がそれに反対し問題になっているとのこと。

最初、dolphinという文字を見たとき、whaleの間違いだろと思ったのだが、本当にイルカを捕まえているらしい。
捕鯨は全然OKだと思うが、さすがにイルカは食ったこともないし、食いたいとも思わない。普通にかわいそうに見える。でもイルカに限らず、牛とかも殺しているシーンを見たらすごく残酷だと思う。結局は汚いところを見ずに人間は動物を食っているのだ。(逆に運動家にそういうシーンを見せられてベジタリアンになってしまう人も多い)

で、水産庁のオッサンも行ってる通り、やっぱりどこで線引きするかって言う話かと。
イルカと牛の違いは何?といわれても、牛は食いなれてて、イルカは食いなれてないとしかいえないかも。反対する人たちはイルカは知性が高いとかいうんだろうけど。

昔は日本も(明治になるまで?)牛は食わなかったわけで、単なる文化の違いかと。
手塚治虫のブッダの教えなら、ちゃんと食べるのであれば、殺すのもありなのかなとそんなことも思う。
あとは、外国人活動家の言葉にbarbaricという言葉があり、やっぱりそういう言い方をされるのは腹たつ。上からもの言うなと。

でも、俺もイルカは食いたくないし、イルカ漁を見てかわいそうと思ったが。モノも言いようと思うんだけど。

マネーロンダリング (幻冬舎文庫)マネーロンダリング (幻冬舎文庫)
(2003/04)
橘 玲

商品詳細を見る



面白かった。金融アングラ小説。
怪しいスキームが満載。今でも使えるものってあるんだろうか。やっぱり法律の抜け穴とか知ってるとでかいよなあ。
文庫版の解説は玉木雄一郎という元大蔵官僚のようだ。
http://www.tamakinet.jp/





偶然のチカラ (集英社新書 412C) (集英社新書 412C)偶然のチカラ (集英社新書 412C) (集英社新書 412C)
(2007/10/17)
植島 啓司

商品詳細を見る



これもささっと読了。普段はこういうの読まないのだが、あるきっかけで読んだら、出だしが面白くてつい全部読んだ。全体としてはあんまり楽しめず。

好きな人は好きだろう。当たり前だが。ギャンブラーはもしかすると好きかな。たとえばツキがつづくというのは、マージャンをやる人にはわかるだろう。純粋な確率論だけでは語りきれない世界がある。

いいなとおもったのは、マイナスの流れになりそうな場合はその芽を速く摘むこと。そうすると好循環を招くことが出来る。

著者は宗教学者で、書いてあることも結構宗教っぽい。最後の15ページくらいに本の要約が書いてあるけど、そこだけ読めば十分かも。
◇お気に入り

お気に入りを整理してたら、とりあえずお気に入りに入れとこう、という軽い気持ちで入れた後ほとんど見てなかったものが多かったので、ブログに移してブラウザからは削除をしようかと。こういう使い方が出来るのはブログの良いとこかと。

・youtubeの動画の保存方法。試したが成功せず。念のためキープ。
http://uge.jugem.jp/?eid=112

・何で保存したのか分からんがとりあえず。ラジオを録音する方法を探してたんだと思う。これも念のためキープ。
http://www.google.com/search?hl=en&q=Replay+Radio&btnG=Google+Search

・今すぐ出来る不思議体験。やろうやろうと思ってやってない。
http://guideline.livedoor.biz/archives/50033782.html

・初心者のための記号論。これも読もう読もうと思って読んでない。
http://www.wind.sannet.ne.jp/masa-t/index.html

・ボナンザ。渡辺竜王とも対戦して話題になったコンピュータ将棋最強のソフト。これもいつかダウンロードしようかと思っている。
http://www.geocities.jp/bonanza_shogi/

・なんか昔の写真とか見れる。
http://www.tanken.com/


・旅行サイト。なんでブックマークしたかもはやわからんが、なんか意味があるだろうので、一応移し変え。
http://4travel.jp/

・これを見ると、上のサイトがのってた。集合知サイトのリンク集。
http://q.hatena.ne.jp/1162890934

・動物の胎児たちの写真。ほんまかどうか分からんが驚き。
http://www.dailymail.co.uk/pages/galleries/index.html?in_image_id=302395&in_gallery_id=9136&in_page_id=1055

・東大で学んだ論文の書き方。これも何故かブックマークしてた。
http://staff.aist.go.jp/toru-nakata/sotsuron.html

・英語と古典が同時に学べる無料オーディオブック集。
http://www.popxpop.com/archives/2006/12/_op.html

・無料で役立つウェブサービス集。
http://q.hatena.ne.jp/1138362836

・東大教授が新入生に進める100冊。
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2007/04/100_d0c8.html

・電話予約でチケットを上手く取る裏技。
http://mona.s55.xrea.com/

・ショートカットキーまとめ。
http://d.hatena.ne.jp/sirouto2/20070601/p2

・動物のバカさ加減について。
http://guideline.livedoor.biz/archives/50922140.html

・東アジア勢力図の移り変わり。
http://www.ugoky.com/chizu/ugoky_chizu.swf

・外国人が日本に長くいすぎると感じる33のとき。自動販売機に1000円入れるのを躊躇しない時って笑える。確かにアメリカの自動販売機は50%くらいの確率で金を入れても何も出てこない。
http://www.gadling.com/2007/09/18/big-in-japan-33-reasons-why-youve-been-in-japan-too-long/

・ラジオ音声の録音法。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se344823.html

・右脳・左脳チェック。反時計回りにしか見えません。。
http://frostfirezoo.com/the-right-brain-vs-left-brain

・youtubeでたまたま見つけた。カリフォルニア在住日系人(?)ミュージシャンのページ。結構良い曲作ってる。
http://gohnakamura.com/bio/

・日本の現代美術家。
http://d.hatena.ne.jp/nyaofunhouse/20071211/1197361894

・英語勉強用ポッドキャスト。本当にいいかは不明。
http://fladdict.net/blog/2008/01/iknowesl_podcast.html




まだまだ雑然としているが、これで大分ブックマークがすっきりした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking